苦手意識の無くし方 | 東進ハイスクール 湘南台東口校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

ブログ

2021年 11月 19日 苦手意識の無くし方

こんにちは!

湘南台東口校担任助手一年の

高橋慶次郎です!

 

共通テストまで残り2ヶ月を切りました。

受験生の皆さんは継続して

15時間勉強ができているでしょうか?

隙間時間に無駄はないでしょうか?

 

12月後半から共通テスト対策を

始めることを踏まえれば、

第一志望校対策に

全力を割ける時間は

より限られます。

 

残り時間を意識しつつ、

最大限の勉強時間を確保できるよう

努力を惜しまずに

勉強しましょう!!

 

 

さてさて。

本日のテーマは、

「苦手意識のなくし方」です。

 

苦手。。

克服し難いから苦手として

残ってしまうんですよね、、

とてもわかります。

 

苦手意識をなくす方法は、

成功体験を積み重ねることです

 

おそらくこれひとつに

終始するのではないでしょうか。

 

過去問や模試で高得点が取れた!

という経験があれば、

自信につながり、

苦手意識は消え去るでしょう。

 

では、成功経験を得るためには

どうすればよいか。

 

ひたすら勉強を続けるだけですね。

文法に苦手知識があるなら、

文法理論とイディオム、それから語法を。

古文に苦手知識があるなら、

単語や文法に問題があるのか、

文章読解に問題があるのかを。

 

明確に理解した上で

適当な勉強を続けるだけです。

苦手の勉強は辛い部分が多いと思います。

 

そういう場合には、

130分から」や

「寝る前と起きた時に」

など、自分なりにルールを作って取り組むと

よいかと思います。

 

私は近代文学や和歌の修辞が

とても苦手だったので、

これらを130分ずつ

と割り切って取り組んでいました。

 

昨日の担任助手からの質問

Q.冬のうちに成し遂げたいことは?

A.スノボでジャンプできるようになる!!!

 

明日の担任助手への質問

Q.受験生時代のルーティーンはなんですか??