大学ってなんで行くの?? | 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

ブログ

2018年 10月 6日 大学ってなんで行くの??

 

こんにちは!

横浜国立大学教育人間科学部4年の齊藤です。

 

私の大学でも、

夏休みが終わって、

とうとう後期が始まりました!

 

前回、

ブログを書いた時にも、

ちょっと書いたのですが、

 

私は、夏休みに自主的に

大学に行って勉強をするくらい、

今やっている勉強が大好きです!!笑

 

みなさんにも私のように

大好きな分野の勉強を

大学でやってほしいな

と思います。

 

そこで今日は、

高校生が大学を志望するときに、

考えてみてもらいたいことを

少し書いてみたいと思います。

 

そもそも大学ってなんでしょう?

知っている人もいるかもしれませんが、

大学って研究をする機関です。

 

私の大学では、

以下のような感じで研究を進めます。

* 大学1・2年

→ 専門分野の基本的な内容の学習

* 大学3・4年

→ さらに専門的な内容の学習

専門的な分野での研究 

 

研究を4年から始める大学などもあり、

大学によってさまざまですが、

イメージはこんな感じです。

 

では、次です。

何でみなさんは、

研究をする必要があるのでしょうか?

 

将来、みなさんは、

社会に出て、

仕事をしていくことになります。

その時には、

何が答えか分からない中で、

自分なりの答えを探して、

問題を解決していくはずです。

 

例えば、

誰もが経験するであろう、

営業」の仕事を想定してみましょう。

 

”商品を人に買ってもらう”

という事に、

「こんなやり方をやれば、

絶対に商品を買ってもらえる!」

なんていう方法はありません。

 

その都度、

「どうしたらその人に、

商品を買ってもらえるか」

という、

答えのない問題

解決していかないといけません。

これは、

研究ととてもよく似ています

 

研究は、

皆さんご存知の通り、

検証や実験を通して、

まだわかっていないことを、

解明していくことです。

 

なので、

私の考える大学に行く理由は、

研究を通して、

答えの分からない問題を

解決していくプロセスを

学びに行くためです。

 

そのための分野は、

言わずもがな、

将来の職業

意識して選択していくことが

大切です。

 

将来就きたい職業がある人は、

それと関連した分野を

選択することができます。

 

まだ将来就きたい職業が

決まっていない人は、

自分が興味のある分野を

知るところから

始めましょう。

 

自分が

何について専門的に知りたいのか

それから決めてみてください!

 

どこの大学を目指すかは、

その次です。

 

それぞれの大学で、

教授たちが研究してる内容は、

全く違っています

 

もっと言えば、

同じ大学でも教授によって、

研究内容は全く違います。

 

大学のHPを見ながら、

どの大学で勉強していきたいのか、

じっくり決めてください。

 

正直、

この段階は高校生からすると

とても難しい!!!

(専門ではない大学生でも難しい)

ので、スタッフに相談してみると

いいかもしれませんね!

 

ちなみに、

私の専門は、教育学です。

相談はいつでもお待ちしてます!

 

東進ハイスクール湘南台東口校

齊藤 徳明

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

前回の担任助手からの質問

Q. 〇〇の秋 といえば?

A.  食欲の秋!!!

果物狩りまくる秋にします!!!笑

 

次回担任助手への質問

Q. 秋のおすすめスポットは?