模試の復習法 国語編 | 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

ブログ

2019年 8月 30日 模試の復習法 国語編

こんにちは!

明治大学商学部1年

鵜高陽太です。

まずは皆さん、

第三回センター試験本番レベル模試

お疲れさまでした。

結果の良かった人も

あまり振るわなかった人も

いると思いますが、結果に囚われず

今自分に必要なことをするようにしましょう。

その1つが模試の復習ですね。

ということで、今日のお題は

「模試の復習法 国語編」です!

~現代文~

まず現代文の復習法についてですが

皆さんどんな復習を行っていますか?

間違えた問題の解説を読んで理解するだけに

なっていませんか?

現代文はその科目の性質上、

設問を解く以前に

本文の深い理解が必要になってきます。

つまり、ただ設問で間違えた所を復習だけでは

現代文の復習は不十分と言えます。

では具体的に何をするのか?

自分は模試に限らず国語の問題を

解き終わったときには、

本文の要約をしていました。

各段落が本文中でどのような働きをしているのか

筆者の言いたいことは何か?またそれを裏付ける根拠は何か?

といったところに目を付け、

自分なりにまとめた後には解説のまとめの部分と

照らし合わせてしっかり本文の内容がつかめているかを

確認するようにしていました。

自分で実際に書き出してみることで、

自分の中で曖昧にしていた部分も

浮き彫りになり、

また同時に本文の繋がりを視覚的に把握でき

より理解を深めることが出来ます。

その後にはいつも通り設問周りの復習を行ったり、

知らない単語を調べたりしていました。

 

~古文、漢文~

古文、漢文は共通して知識量がとても重要になってきます。

単なる単語や句形の暗記だけで解ける問題もありますし、

直接得点に結びつかなくても思わぬところで

あの時に見たやつだ!という現象が起きます。

その為自分は知らない単語や忘れていた単語を

使っていた単語帳に逐一書き込んでいました。

 

という風に、受験期には勉強法に自分なりの

こだわりをもって勉強していました。

人に教わった方法を丸のみにするのではなく

自分なりにアレンジして学習する事で、

本番の自信にもなると思います!

 

 

前回担任助手からの質問

Q.夏休みの思い出を教えて下さい。

A.大阪にライブを見に行ったあと、

そのまま沖縄に旅行に行ったことです!

 

次回担任助手への質問

Q.夏休みの思い出を教えて下さい!part2