本番で全力を出すための練習 | 東進ハイスクール 湘南台東口校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2022年 11月 5日 本番で全力を出すための練習

 

こんにちは。

明治大学4年の鵜高です。

明日は、

全国統一高校生テストです!

いよいよやってきましたね。

 

受験生にとっては、

何度も何度も戦ってきた

共通テストの過去問演習、

単元ジャンル演習の成果を発揮する場です。

 

高1,2生にとっては、

1月の同日に向けた指針だてのための

大事な模試です。

 

話しは変わりますが、

皆さんは模試を受験する時、

受験する意味を考えていますか?

私が思うに、

低学年の皆さんにとっての模試は、

・自分と志望校の距離を測る

・本番のレベルを知る

意味があると思います。

特に1月の共通テスト同日体験(本番の1年前)で

どれだけ点数が取れているかどうかが

非常に重要になります。

いつも校舎で、志望校別の先輩得点の表を

見せられますよね。

先輩得点との差を同日までにどれだけ埋められるか

合格可能性が大きく変わってきます。

つまり、同日の時点で先輩得点に

大きく足りていないと

1年前の時点で逆転合格を

目指すということに。。。

今回の模試の結果を踏まえて、

11月から1月までの3か月を

どのように過ごしていくかを

分析、計画していくわけです。

全員必ず受験してください

 

受験生の皆さんにとっては、

共通テスト型の模試は

今回含めて残り2回です。

特に全国統一高校生テストは

受験者数が1年で最も多く、

当日の雰囲気も緊張感があります。

タイトルにも書きましたが、

受験生にとっての模試は

”本番で全力を出すための練習”です。

そろそろ本番を想定して

当日や前日の準備をするべき時期。

私の場合は緊張でおなかを壊したり

食べ物が食べられなくなったりしていたので

前日はヘルシーなものを食べ、

当日はエネルギーを取りやすいウイダー

準備していました。笑

あとは最初の科目から頭をフルで使えるように、

大問分野別の英語や国語を印刷して、

電車や試験前に解いていました。

練習でできないことは本番でもできません。

模試は校舎や自分では出せない、

本番に近い緊張感が漂います。

受験生の皆さんは

自分が本番どうなっているかを想定して

本番で力を100%出すための練習

してください。

応援しています!

 

 

 

昨日の担任助手からの質問

Q.最近大学の行事はありましたか?

A.私が通っている明治大学では、文化祭である明大祭がありました!

4年通っていますがいったことがありません!来年こそは行きます

 

明日の担任助手への質問

Q.学祭に参加したことはありますか?

していたら感想を教えてください!