有名大・難関大に向けて | 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

ブログ

2018年 9月 16日 有名大・難関大に向けて

こんにちは!

明治大学文学部3年の今野です!

最近一気に寒くなって秋を感じてきました。

この時期になると、応用問題といった難しい問題を

解きたくなりがちですが、まだ基礎が固まってない人は

しっかり基礎を固めることに専念してくださいね。

 

さて、今日は有名大・難関大模試の話ですが、

みなさんがこの模試を聞いて、

「難しいから受けたくない…。」

と考えるひとも多いのではないでしょうか。

 

この模試の意義は何でしょうか。

早稲田に行った僕の友人はこの模試の意義について

「本番、むずかしい問題にぶつかったときの予行練習」

と語っていました。

なるほど、確かにその通りかもしれない。

と、当時受験生だった僕も自分にそう思い込ませて有名大・難関大模試を受験するようになりました。

 

具体的には解ける問題から解くということです。

当り前のように思うかもしれませんが、長い時間考えてるとついついその問題に固執してしまって時間切れ、

なんてことはみなさんも経験済みではないでしょうか。

 

むずかしい問題というのは、周りも難しいと感じているものです。

なので、落ち着いて解ける問題に取り組んで1点でも稼ぎにいった受験生が合格していくものです。

 

物は考えようですね。

ネガティブに考えるならポジティブに捉えてたほうが何かといいような気がします。

みなさんも有名大・難関大模試をポジティブにとらえて前向きに受験してみましょう!

 


昨日の担任助手からの質問

Q.後期から挑戦したいことは何ですか?

A.英語

明日の担任助手への質問

Q.秋といえばなんですか?