早い時期から過去問をやるメリットとは?! | 東進ハイスクール 湘南台東口校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

東進ハイスクール 湘南台東口校 » ブログ » 早い時期から過去問をやるメリットとは?!

ブログ

2024年 6月 17日 早い時期から過去問をやるメリットとは?!

こんにちは!

担任助手1年の宇高理世です。

今日のテーマは

早い時期から過去問をやるメリット

とは です。

1共通テスト、志望校の傾向を早くつかめる

2自分の苦手にいち早く気づくことができる

3過去問を繰り返しとく時間を作れる

ざっと上げるとこのようなメリットがあります。

私自身私立志望だったのですが、

共通テストの過去問は5月に

始めて夏休み中には10年分終わらせ、

私立の第一志望は9月中に10年分を終わらせました。

まだ半年あるしどうせ分からないから解くの辞めよう。

とは思っていませんか?

勿論来年の1月、2月に本来解く問題なので

最初は解けなくて当たり前です。

ですが記述式の問題があると知っていれば

記述式に慣れるための対策ができるし

化学でよく物質の色が問われているなら

今後の暗記での優先順位が簡単に立てられるし

メリットしかありません!

そして

夏以降には

国公立志望の人は2次対策と私大対策

私立志望の人は第2志望校対策以降も。

そして9月では東進生は単元ジャンル別演習があります。

また夏にやった第一志望10年分の2週目、3週目…

などやるべきことは沢山あります。

ちなみに私は共テ10年分を2週、第一志望は10年分を4週、

追加で5年分行い第2志望も10年分を2週しました。

れだけやったことによって模試ではE判定だったのですが

傾向になれることができたためすべての方式で

合格することができました。

後に楽をするためにもいまから過去問頑張りましょう!

 

昨日の担任助手からの質問

Q, 最近よく聞くアーティストは??

 

A.ミセス、マルシィ、乃木坂、優里らへんです!

明日の担任助手への質問

Q,おすすめのリフレッシュ方法は!

 

過去の記事