夏休みにやっておくべきこと | 東進ハイスクール 湘南台東口校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2022年 8月 5日 夏休みにやっておくべきこと

こんにちは!

慶應義塾大学理工学部3年の

堀越萌です!

 

少し昨日、今日と過ごしやすい

気温が続いていて嬉しいですね!!

夏休みも残すところ約3週間

になりましたね。

順調に進んでいるでしょうか??

夏休みの自分を後悔しないように、

今日は私の受験生時代を振り返り、

夏休みにやっておいてよかったと

感じたことを紹介できればなと

思います。

ということで、

今日のブログテーマは

「夏休みにやっておくべきこと」

です!!

 

絶対に夏休み中にやっておくべきことは

①基礎の徹底(基礎の見直し)

②受講修了

③過去問修了

です!!

①基礎の徹底(見直し)について

一番時間のある夏休みのうちに

基礎の総復習をするとよいです。

総復習をすることで

「簡単だから理解している」と

感じていることも案外抜けていることに

気づくはずです。

また、数学や理科の

なんとなく公式を暗記している分野は

危険です。必ず理解を夏休み中にしましょう!

数学や理科の理解とは、

公式の意味が分かる、

公式の導出過程がわかる、

一番は問題の解説を友人にできること

を指すと私は思います。

人に説明できるまで自身の理解を

深めることがとても大切です!

私もそれをすることで

記述模試で2倍点数がのびました!

今は公式暗記だけで解けていても

夏休み以降に少し難しい問題を

解くことが厳しくなってきてしまいます。

 

英語は単語熟語、英文法をしっかりしあげましょう。

高速基礎マスターを完璧にするのは

夏休みが最後です。

1日100個でもいいので

毎日続けて暗記することが大切です!

高速基礎マスターは毎日やりましょう!!

 

②受講修了

受講を夏休み中に終わらせることは

大学受験合格のための

必須ルートだと思ってください。

というのも、9月からは志望校に

特化した学習が始まるからです。

夏休みは頑張れば1日に5~6コマほどできる

はずです。まだ受講が残っている人は

夏休み中に頑張っておわらせていきましょう!

 

③過去問修了

夏休みに共通テスト過去問10年分、

最低でも第一志望校5年分解いておくと

ベストだと思います。

共通テストレベルを夏休み中に

完成させておくことが

第一志望校合格の可能性が

とても高くなります。

また共通テストレベルを完成させておくと

夏以降に志望校対策に

時間を割くことが出来ます!

さらに自分の第一志望校のレベルや

傾向を夏休み中にしっかりと

把握しておくことで、

今後の勉強のモチベーションや

質にもつながってくると思います。

受講と過去問の両立を

頑張りましょう!

 

ぜひ

絶対に夏休み中に

①基礎の徹底(基礎の見直し)

②受講修了

③過去問修了

を達成できるように

頑張りましょう!!!

 

昨日の担任助手からの質問

Q.最近力を入れていることは?

A.TOEICの勉強です!

明日の担任助手

Q.8月中にしたいことはありますか?

 

 

 

昨日の担任助手からの質問

Q.夏休みに楽しみなことは何ですか?

A.たくさん遊べることです!

 

明日の担任助手への質問

Q.最近力を入れていることは?