周りと差をつけるための工夫 | 東進ハイスクール 湘南台東口校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

東進ハイスクール 湘南台東口校 » ブログ » 周りと差をつけるための工夫

ブログ

2024年 6月 21日 周りと差をつけるための工夫

こんにちは!

担任助手3年の

市川みらいです。

今週2度目の

大雨ですね☂

バス停まで少し歩いただけで

びちょびちょになりました。

傘のさし方が不得意だなと

感じましたが、

6月も残り終盤戦!

頑張っていきましょう!

本日のブログテーマは、

周りとの差をつける工夫

についてです!

そもそも何で

周りとの差をつけることが

大事なのでしょうか…?

大学受験では、

何点取れたから合格

ではなく、

同じ受験者の点数のによって

合否が決まります!

したがって、

周りと差をつけて

勉強することが

合否を左右するといっても

過言ではないと

いうことになりますね!

実際に周りと差をつけるには、

高校1.2年生の時期

本当に大切だと

思います!!

高校3年生になると

受験生という意識が芽生え、

みんな受験勉強に向けて

頑張ります…。

その為、高校1.2年生のうちから

受験勉強を意識した

学習をすることが

周りとの差をつける

大事な部分だと

考えられます。

また、高校3年生の人も

差をつけられる所は

沢山あります!

勉強量の確保では、

ちょっとしたスキマ時間、

睡眠・食事・入浴以外の時間は

全て勉強に当てたり。

勉強の質の面では、

予定立てや自己分析を通して

効率良く勉強をしたり。

と、ほんとに様々な工夫が

できると思います!

周りと少しでも差をつけて、

第一志望校合格できるよう

頑張りましょう!!

 

昨日の担任助手からの質問

Q 大学入ってからやっておけば

良かったと思う事は何ですか

A,英語の勉強と

特別支援学校の授業を

取得すればよかったなと

後悔してます!

 

明日の担任助手への質問

Q 最近ハマっているものは?

過去の記事