受験現役時代に後悔したこと | 東進ハイスクール 湘南台東口校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

ブログ

2021年 8月 30日 受験現役時代に後悔したこと

こんにちは!

法政大学社会学部4年の吉澤です!

夏が終わり、受験生はそろそろラストパートに

入りますね。気持ちを切らさず最後まで頑張りましょう!!

 

今日のテーマは、私が受験時代に後悔したことについて話します。

私が受験終了当時に思ったことを皆さんに伝えることで、

後悔を少しでも減らしてもらえればと思います。

 

後悔①

受験を始めた時期

私が受験に本腰を入れ始めたのは、

高校3年生の6月頃でした。

3年生になったらすぐに始めようと

思っていましたが、イベントがひと段落してから、、、

とついつい先延ばしにしてしまいました。

3年生とは言わず、もっと早く始めればと受験が終わった時に

感じました。

 

後悔②

日々の惰性

受験当時の日々を思い返すと、

無駄な時間がとても多かったなと

思います。

なかなかやる気が出ず、

一日中勉強しない日があったこともあります。

それ以外にも、SNS等をみて夜遅くまで

起きていることがあったので、

あの時間を勉強に充てられていれば、、

と感じました。

いついかなる時もベストを尽くすのは

もちろん難しいとは思いますが、

目の前の誘惑に負けてしまって、

終わった後に後悔しないか?と

自問自答してみてほしいです。

 

受験が終わった後、

たとえ、第一志望校に受かったとしても

きっと何かしらの後悔は残るかもしれません。

ただ、次につながる前向きな後悔は、

振り返った時に全力だった思える人にだけ、

手に入ると思います。

後4カ月、最後まで走りぬきましょう!!

昨日の担任助手からの質問

Q.今年の夏休みで一番の思い出は何ですか?

A.母校がプレハブ校舎に移動する際に、

引っ越し屋さんとして、参加したこと。

明日の担任助手への質問

Q.受験時代、9月に意識していたことは?