受験本番に気をつけていた事 | 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

ブログ

2019年 2月 1日 受験本番に気をつけていた事

こんにちは!上智大学経済学部経営学科の間 貴洋です!

本日から2月に入り、いよいよ私大の入試が本格的に始まってくるころではないでしょうか?

そこで、今回は私が受験時に気をつけていた事について、お話したいと思います。

まず1つ目は持ち物の確認リストを事前に作っておくことです。

受験会場に着いたら本来持ってくるはずのものがなかった、なんて事になったら大変です。

そんな事が無いように、受験票や時計、筆記用具など必ず必要になる物のリストを作り、前日に準備をする時にチェックをして、カバンに入れるようにしましょう。

頭の中では必要だと分かっていても、前日の過度な緊張などでふとしたことで、持っていくのを忘れてしまう事もあります。

ですので、リストを作って、目でしっかり確認できるものを作っておくと完璧です。

2つ目は交通機関の乱れが発生した場合、あわてずに対応することです。

公共の交通機関に遅延等が発生した場合、大抵の受験会場は開始時間を遅らせてくれます。

また、もし通常通りに開始されていても、遅延証明書があれば、そのことが不利になるような事にはならないように対応してくれます。

この時に、必ず遅延証明書をもらう事を忘れないようにしてください。

遅延証明書は駅員の方に伝えれば、すぐに発行してくれます。

その遅延証明書を受験会場で提示すれば、対応してくれるはずです。

3つ目は受験会場に着いたら、あまり他の受験者の顔を見ないことです。

受験会場にいる他の受験者は大抵、頭がよさそうに見えます。

しかし、実際の相手の実力などわかりませんし、わかってもどうしようもありません。

不必要に自分の平常心を失うだけです。

受験会場に着いたら、自分がいつも使っている問題冊子などを解いて、自分の世界に入ることをオススメします。

以上3つが私が気をつけていたことです。参考になればうれしいです。

 

昨日の担任助手からの質問

Q.最近幸せを感じたことはなんですか!

最近、犬が自分になついてきてくれたことです。(御年12才の老犬)

明日の担任助手への質問

Q.春休みにやりたいことを教えて下さい(おもしろいやつ)