受験を通して学んだこと | 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

ブログ

2019年 2月 26日 受験を通して学んだこと

 

 

 

こんにちは!

明治学院大学2年の松井です

今日はついに

前期試験の最終日となりましたね!

今の受験生が

もう大学生になるのかと考えると

感慨深いものがありますね~

なにはともあれ

皆さんから

いい報告を聞けることを

楽しみに待っています!

 

さて今回のテーマは

「受験を通して学んだこと」

ですね。

僕が受験を通して

感じたことは

時間の大切さ

ですね!

3年の11月まで部活をやっていて

そこから本格的な受験生として

勉強を再スタートしたわけですが

自分の中で

第一志望の本番が

まだ成績が伸びている途中の段階

で受験してしまっている

という感覚がありました。

最後まで部活を

やったおかげで得たものは

とてつもなく大きなものでしたし、

部活をしながらも受験勉強を

両立してきたことも

人生の中でとても貴重で

大変な経験でした。

なので、

部活を否定するわけではないですし、

むしろ部活は最後までやった方がいい

と思っている人です。

その前提でお話させてもらいますが、

受験勉強は、

「量」が非常に重要なのだと

肌で感じました。

いくら両立しているとはいえ

部活をやっている人と

引退している人では

進度が大きく変わってきます。

具体的にいうと

平日だと3時間

土日だと10時間ほど

差があります。

なので

一週間で、25時間も差が生まれます。

25時間あれば何ができますか??

受講だったら、

確認テストを含めて

10コマ、さらに

高速基礎マスターの時間も取れそうですね。

それだけの差を

埋めるための工夫が必要だと

受験を通して学びました。

例えば、

電車の移動時間、学校の休み時間

弁当を食べている時

など

全ての時間を

勉強にあてていかないと

間に合いません。

こういった経験があるからこそ

今の自分の勉強や行動の

原則として

時間を大切にするということ

意識するようになりました。

皆さんも

量に関して

自分の勉強を

もう一度見直してみてはいかがでしょうか?

 

また

高1,2生で受験勉強を始めている人は

勉強時間が他の生徒に比べて多いので

大チャンスを得ているわけです。

ここでさぼるか

頑張るかで

有名、難関大

十分に狙えます!!

この2,3月は来年の

合否、成績の伸びを

占うレベルで重要なので

しっかり勉強をしましょう!

長くなりましたが、

伝えたいことは

今ある時間を

大切にしてほしいと思います!

また

思い立ったらすぐ行動に

移しましょう!

それがきっと

将来の役に立ちます!

頑張りましょう!

 

 


 

昨日の担任助手からの質問

Q.東京五輪みにいきますか?

見に行きたいですね!

時間とお金に余裕があれば、、、笑

 

明日の担任助手への質問

Q.不安なことがあった時の気の紛らわせ方を教えてください

 

過去の記事