受験を通して学んだこと | 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

ブログ

2019年 3月 6日 受験を通して学んだこと

こんにちは!

明治大学情報コミュニケーション学部1年

武井 優です!

お久しぶりです!みなさん元気でしたか?

私は2月大きな風邪もなく、元気に過ごすことが出来ました!◎

 

さて今日のお題は

『受験を通して学んだこと』

私は受験を通して自己分析自己管理の大切さを知りました。

部活を引退してから、とにかく受講してましたが

受講が終わっていざとなると

しなくてはいけないことは沢山あるのはわかっていても、

やることが多すぎて

何からやっていいかわからなくなってしまいました。

その時に実行したのは

『To doリスト』を朝一で東進に来た時に書いて

その日の自分の勉強を管理すること!

そうすれば

「次なにやろう?」

と考える無駄な時間を減らすことが出来ました。

そして『To doリスト』を書く際に大切なのは

その時の自分の実力を知っている事です。

自分の学力と向き合う事です。

こうして自己分析することによって

その時期の自分のレベルにあった勉強が出来て

効率が上がります。

これを徹底したことにより、

1日少しずつ自分でも実感できるくらい

苦手なところが出来るようなっていきました。

先の事を考えずに、

ただ闇雲にやっていても意味がないので

しっかり自分と向き合い、勉強の計画を立てていきましょう。

これが早い段階から出来ると最強です!!

 


前回担任助手からの質問

Q,大学の成績はどうでしたか。

A、まだです。怖いです。

次回担任助手への質問

Q、3月の目標をどうぞ!!!!!!!