過去問の復習に困ってるそこのあなた!! | 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

ブログ

2018年 9月 6日 過去問の復習に困ってるそこのあなた!!

こんにちは。

横浜国立大学教育人間科学部

4年の齊藤 徳明(さいとう のりあき)です。

 

大学生は、9月まで夏休みです。

そこで、来週は沖縄に行ってきます。

台風が来ないことを

みなさんも祈ってください!笑

大学生といったら、

旅行なので、

行ってみたい国とか

決めておくといいかもしれませんね。

 

大学生は夏休みですが、

9月は過去問演習開始の時期ですね。

 

ここで、

振り返ってみてください。

今まで解いてきた模試、

”どの程度復習してましたか?”

 

全然やってこなかったという人の理由は、

めんどくさいから。

ではないでしょうか?

 

そうです。

復習ってめんどくさいんです。

答えは見ればなんとなくわかるし、

やらなくてもよくね?

ってなりますよね。

 

だめです、絶対。

やってください。

 

私がやっていた

復習方法を紹介します。

 

英語だと、

① 全文SVOCを振って、

授業で習った文法・構文が

どこで使われているかを理解

② それと同時に頭の中で和訳。

(書く時間がもったいなかったから)

自分がした和訳と、

解答の和訳が合ってるかを確認。

③ 違っていたら、

どこの解釈が違ったのかを明確にする。

(辞書とか使う)

④ その文章の意味を全部理解したら、

5回音読。

 

こんな感じで、やっていました。

 

これを見てもらえばわかると思いますが、

過去問演習の復習って、

みなさんが想像しているよりも、

やること多いと思います。

 

そうなんです。

模試の復習って、

問題の解き方の解説を

見るだけではないんです。

 

”問題を解くために、

文章を読まなくてはいけない。”

そこに課題を見つけた私は、

その理由を、

「授業で習ったことを活かせていないな」

と考え、

過去問演習の中で色々な

復習方法を試した結果、

この復習方法に落ち着きました。

 

この話で一番大切なのは、

この復習方法は誰に教えてもらったものでもない

ということです。

 

復習方法に限った話ではないですが、

他人のアドバイスは、参考程度にして、

どうやっていくかは自分で決めましょうね。

アドバイスしてもらったものが、

自分に合っているかはわからないので。

 

これからの時期、

大変な事がたくさんあると思います。

そんな中でも、

自分の頭で考えることを

怠らないでください。

誰かに頼るのではなく、

しっかりと自分の頭で

考えてください。

そういう人が合格します。

 

あと半年ほどしか時間はありませんが、

悔いの残らないように頑張ってください。

応援しています。

 


 

昨日の担任助手からの質問

Q.最近の楽しかったことは何ですか?

A.先日、マレーシアへ旅行に行っていました!

超高いビルを見たり、

美味しい料理を食べたり、

とっても楽しい旅行でした!

 

明日の担任助手への質問

Q.おすすめのお店は何ですか?