私大の復習法 国語編 | 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

ブログ

2019年 9月 12日 私大の復習法 国語編

こんにちは!

明治大学商学部1年の鵜高陽太です。

 

今日は、私大の国語の過去問を解いた後の

復習法の紹介をしたいと思います!

~現代文~

皆さんは国語の問題を解いた後

どのように復習していますか?

解説を読んで、、

解き直しをして、、

といったことは皆さんしていると思います。

自分の場合はこれに加えて

本文の要約

をするようにしていました!

というのも、

現代文では科目の性質上、

本文の理解→問題を解く

という流れになるので、

設問の復習をするのみでは

不十分だと言えるためです。

手順としては、

1、本文を読みなおす

2、段落ごとに頭の中で整理する

3、最後まで読んで別の紙に

  自分の言葉でまとめる

という風にステップを踏みます。

自分の言葉で

本文を要約することで

本文の理解を

さらに深めることが

出来ます。

ここで注意して欲しいのが、

記述することに慣れていない人は

最初かなりの時間が

かかってしまう

と思います。

復習自体は大切にして

欲しいのですが、

時間を使いすぎて

他にやるべきことに

手が回らなくなってしまったり

しまわないようにしましょう。

 

~古文、漢文~

古文や漢文に共通するのが

知識問題の占める割合が

現代文にくらべて

多いということです。

その為、本文に出てきて

分からなかった単語は

しっかり確認して、

紙にまとめるようにしていました。

また、本文を音読することも

オススメです。

繰り返し音読することで

英語と同じく、

読むスピードが速くなったり

文法事項を無意識に

読めるようになったりします。

 

以上が自分のやっていた復習法ですが、

あくまで1例です!

人に言われたことを

鵜のみにするのではなく

自分なりの勉強法に

こだわりをもつように

しましょう!

自分に対してのこだわりがあれば

入試本番での

自信に繋がったりします!

 

 

昨日の担任助手からの質問

Q.二学期の目標は?

A.前期の反省を生かして

資格の勉強をすることです。

 

明日の担任助手への質問

Q.最近あった嬉しい事を教えて下さい!