目標との距離を計算する | 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

ブログ

2019年 3月 4日 目標との距離を計算する

 

こんにちは!

慶應義塾大学経済学部1年

関口彰です!

 

世の中の大学生は、春休みも半分が過ぎて

春休みという時間の短さに驚いているところです

世の中の全ての大学生がそうです。

そのはずです。

 

ということで、今回の内容は

目標との距離の計算の仕方

です。

 

皆さんの第一志望の大学は皆さんと

どのくらい離れているでしょうか

「めっちゃ」「たくさん」「ちょっとたけ」

のような曖昧な言葉を思い浮かべた貴方

赤信号です。ちょっと止まりなさい。

もっと具体的に自分と大学の距離を知る必要があります。

では、どのように考えていくのでしょうか。

 

必ず、意識しなくてはいけないのは具体的な数値です。

例えば、

センターの昨年度合格者平均との差

模試の結果

などです。これは、勿論のことだと思います。

この具体的点数を計算して、いつまでに何点伸ばせばよいのか

を考えます。

例えば、慶應志望だった僕は

8月の末に、センター英語数学国語で8割をたたき出す必要が

ありました。

そして、3月の段階では、英語140 数学40 国語 90

だったので、かなり頑張らなくてはいけないことが分かります。

では、どのくらい頑張れば良いのでしょうか。

 

数学を40から90にする為に必要な事を考えてみましょう。

まず、90点という点数はどのくらいのものなのでしょうか

1問、大体3点の数学において、90点を取るということは3問までしか間違えてはいけない

ということになります。

3問の間違いというのは、「解き方がわからなくて・・・」というよりも

計算ミスで起きる間違いだと言えます。

なので、90点を取るという事は

「解き方がわからなくて・・・」ということはないということです。

実質的には、全てあってるということになります。

次に考えるのは、センター数学のレベルです。

センター数学のレベルは

学校指定の教科書→学校指定の問題集→チャートレベルの問題集

を完全に終わらせたレベルくらいになります。

という風に、自分のやっている問題集のレベルを知っておくことも

大切です。

ただ、講座を取っているので

東進の受講+復習+α

でセンターレベルは補完できるようになります。

具体的に言えば、「受験数学応用」を完全にマスターすれば

大体は補完していると言えるでしょう。

後は、講座内で取り扱いの薄かった部分または自分の理解が

浅い部分に着手していけば、大体の問題は解けるようになります。

なので、受講+復習+αがどのくらいに終わるのか

という目処を立てなくてはいけません。

そうなると、残りの受講コマと自分の勉強時間から

何日に受講が終わるのかを割り出して

復習の時間をどの程度取れるのか

+αに割ける時間はどのくらいあるのかを

3月から8月の幅で考えていけばよいという事です。

これを考えたら、同じ作業を国語と英語で

行えばよいという事です。

 

この作業は、生徒に言うと

「いや、今日は受講が忙しくて・・・」のように

置き去りにされがちなのですが、

なによりも大事にしてください

受講よりも高マスよりも何よりも

一番大切なことです。

自分と目標の距離を見つめて、自分の学習計画を上手に

立てられるようにしましょう


前回担任助手からの質問

Q,春休みで一番、力を入れていることは?

A、テニスをめっちゃしてます!また、移動時間や何もない日は

株式投資の勉強をしています!

次回担任助手への質問

Q、受験が終わってからの今頃は、何をしてましたか?

過去の記事