受験当日のエピソード① | 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

ブログ

2019年 12月 9日 受験当日のエピソード①

 

こんにちは!

法政大学1年中野です。

今日のテーマは…受験当日のエピソードです。

基本悪い思い出しかありません。

まず一つは、今行っている法政大学に、

受けるまで行ったことが無く、

駅からの道が分からなかったことです。

基本どの大学受験日当日には

駅から大名行列ができているのですが、

何故かこの法政大学にはなく、

焦りました。

方向音痴もまざり、スマホで観たマップも上手く使えず

受験前に走り回った思い出です(笑)

次に、思い出というのかわかりませんが、

受験日の朝についてです。

人間の頭は基本おきてから

3時間後に本領を発揮すると聞いたことがあり、

受験は大体9時代から始まる為、

少し早めの6時に起きていました。

この受験が始まるまでの3時間は緊張もあったり、

ねむかったりで、

今までで1番長い3時間でした。

これを読んでいる人の中には、

3時間くらい勉強をしていれば

すぐだと思う人もいるかもしれません。

しかし、自分でも思っているより

何をすればいいか分からないものです。

皆さんも直前に見るための

満員電車でもみれるような小さいノート

をつくっておくといいかもしれません。

 

 

前回担任助手からの質問

Q.来年チャレンジしたいことは?

A.プログラミングと映像制作とDTM

次回担任助手への質問

Q.サンタさんいつまで来てくれましたか?