勉強する体力をつけよう! | 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

ブログ

2019年 3月 2日 勉強する体力をつけよう!

こんにちは!

早稲田大学文学部の

白桃和樹です。

3月に入って、気温が

上がると共に花粉も

増えてきましたね。

 

3月になり高校3年生が

卒業し、4月には2年生

の皆さんは受験生になりますね。

受験生になり、夏休みは1日10時間

勉強するぞ!と意気込んでも、

なかなかうまくいかないものです。

普段から比較的長時間勉強している

人ならまだしも、今のところ

あまり出来ていない人に

とっては、厳しい部分があると

思います。

 

それは

勉強する体力が

まだついていないから

である、と言えます。

ランニングなどの運動も

普段あまりやらないのに

いきなり長い時間やろう

としたってできないです。

 

そのための対策としては、

休憩を取りつつ、長い時間に

慣れていくこと

が挙げられます。

勉強も運動も休憩を取らないと

走り続けられません。

勉強を始める前に

〇分集中して〇分休憩する

というのを決めておくと

いいでしょう。

休憩は10分くらいが

いいですね。

集中するのは何分でも

いいです。5分でも

5分ではあまりに短すぎる

かと思うかもしれませんが、

それでもいいのです。

なぜなら、人間には

作業興奮というものが

あるからです。

この作業興奮という作用は、

1度何かしらの作業を始めると、

脳内の側坐核という部分が

やる気を出させる物質である

ドーパミンを分泌する、

といったものです。

 

この作業興奮を引き起こさせるために、

まずは勉強へのきっかけを

作る、取り掛かるためのハードルを下げる

ことが大切です。

だから集中する時間の設定を

5分や10分といった短めに

設定するのもアリ、という

ことです。

これをくり返していくうちに、

長い時間にも抵抗が無くなっていくこと

でしょう。

 

4月にはセンター試験本番レベル模試

があります。

志望校別にこの時期に取るべき

点数を達成できるように

頑張りましょう!


前回の担任助手からの質問

Q.3月中にしたいことは何ですか?

A.海外旅行。はもう無理なので、

夏休みぐらいに行く計画をしたいです。

 

明日の担任助手への質問

Q.春休み中、生活リズムは一定ですか?