制限時間を意識して問題を解こう! | 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

ブログ

2019年 10月 6日 制限時間を意識して問題を解こう!

こんにちは。

明治大学商学部1年の

鵜高です。

最近夜冷えますね。

勉強だけでなく

体調管理にも

気を配れるようにしましょう!

ちなみに、崩れた生活リズムを

きちんと戻すには3か月ほどかかるそうです。

入試本番まで残り4か月、

生活リズムが崩れている人は

整えていきましょう!

 

 

さて、今日のお題は

制限時間を意識して問題を解こう!

です。

その前に、

そもそも過去問演習をする意義は

何でしたか?

①志望校と自分の距離をはかる

②自分の苦手をあぶりだす

③時間配分を考える

④独特の問題に対して対策をたてる

 

ざっと上げるとこんな感じだと

思います。

せっかく貴重な時間をつかって

演習するからには、

最大限恩恵を得られるようにしましょう。

 

では、どのように時間設定すればいいのか?

まず私がやるべきだと思うことは、

時間を意識せずに一度解いてみることです。

スピードを意識せずに一度といてみることで

時間をかければ解ける問題

その時点では解けない問題

を振り分けることが出来ます。

こうすることで

①は演習をこなしてスピードを追求する

②はもう一度受講に戻って復習する

など、より具体的に対策が

立てられるようになります

 

次に、各大問での制限時間を設定します。

ここでは、苦手な問題に多めにに時間を取って

得意な問題で短縮するなど、

自分にあったペース配分を設定します。

最終的には制限時間-10分程度

で終わらせられるよう、

繰り返し何度も演習しましょう!

 

 

前回担任助手からの質問

Q、今年やり残したことは?

A.簿記の申し込みを忘れてしまい

受けられなかったことです。

残り3か月は実力養成につとめます、、

 

次回担任助手への質問

Q. 毎日のルーティーンを教えて下さい!