低学年のうちにやっておいてよかったこと | 東進ハイスクール 湘南台東口校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2022年 12月 1日 低学年のうちにやっておいてよかったこと

こんにちは!

慶應義塾大学1年の富田萌です!

 

とうとう今日から12月

一気に真冬並みの寒さになりましたね

みなさん体調には気を付けてください

 

さて今日のテーマは

低学年のうちにやっておいてよかったこと

です!

 

私は個人的に

学校の定期テストや小テストの対策

しっかりと取り組むことは

低学年のうちに

やっていてよかったなと思います

これのおかげで

勉強習慣と基礎が身につきます

さらに、一回完璧に覚えたことは

二回目以降

そこまで時間をかけずに覚えられるし

長期的な記憶として定着します

高3生になってから

基礎を固める時間は本当にありません

演習中心の学習になるからです

低学年のうちに

どれだけ基礎を固められるかが

受験生としてのスタートダッシュに

影響してきます

 

それと関連して

やはり先取り学習も肝心です

先日この校舎に東進の数学の志田先生が

公開授業をしに来てくださいましたが

その時にも、理系の人は高2までの間に

学校では高3でやる数Ⅲを終わらせよう

といったお話をいただきました

高3の勉強でカギとなる

演習の量と質を確保するためには

こういった先取りも必要です

 

共通テストまであと一か月半

受験生が最後の仕上げに入り

毎日一生懸命頑張っていますが

低学年の皆さんも

他人事ではありません!

受験生と同じ日に同じ問題を解く

同日受験迫ってきていますね!

今出来る事に全力で取り組みましょう!

 

 

 

昨日の担任助手からの質問

Q.  12月で楽しみなことはありますか?

A. クリスマスディズニーです!!

 

明日の担任助手への質問

Q. 冬に食べたくなるものは何ですか?