私の志望理由書 | 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

ブログ

2018年 10月 11日  私の志望理由書

こんにちは!!

法政大学社会学部

一年吉澤です。

今回は私が大学に

行くと決めた理由

について

話していきたいと

思います!

 

大学に行く必要なんてあるのか?

私が高校入学当時に感じていた事です。

じゃあなんで現在大学に通っているのか、、

それは高一の三学期の進路説明会が

きっかけでした。

進路説明会にでて、

私が感じたことは

 

①知らないことは怖いこと

 

単純に計算して高一から

四年後には二十歳、

もう大人と言われる年齢です。

しかし今の自分は世の中の事に

ついて何もわからない。

経済のことだって法律のことだって

わからないことばかり。

漠然とした恐怖感に包まれた事

を覚えています。

 

②将来の選択肢を最大限にしたい

高校生の時にも、そして今も、

絶対コレ!

と言えるような夢は

私にはありません。

しかし必ずいつかはやりたいことを決め

それをやりぬいていくことになります。

やりたいことが決まったとき

大学をでていないとできないような

ことだったら?

だったら大学を出て選択肢を増やそう!

と考えました。

 

この二つの理由から

私は大学受験をして

大学に行く!と決心しました。

 

行くと決めてそこからは大学と学部選びです。

大学はできるだけ

留学制度が豊富で

人が多いところ

そして何より伝統のある

大学に行きたかったので

法政大学に行くことにしました。

学部は幅広い分野を学べて

かつ具体的な事象から抽象的な事象まで

を学問の範囲とする、

社会学部にすることにしました。

(ちなみに私は経済学、法律学、心理学、物理学を今年春に履修しました)

そして何より法政の社会学部は

私立大学の中では最も早く設置され、

伝統もあります。

これらの理由から法政の社会学部に

進学する事を決めました。

理由はなんだって大丈夫です。

しかしそれをやり切れるくらいのこだわりは

持っておいたほうがいいでしょう。

そしてぜひ皆さんも、

なぜ大学に行きたいのか?

そしてそこで何をしたいのか、

改めて考えてみてください!!

 

前回担任助手からの質問

Q、最近の趣味は何ですか?

A、読書です!!

 

次回担任助手への質問

Q、食欲の秋!何か美味しいものを食べに行く予定はありますか?