2月 | 2019 | 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

ブログ 2019年02月の記事一覧

2019年 2月 28日 受験を通して学んだこと

こんにちは。

中央大学1年の小貫です。

今日は前回に引き続き

「受験を通して学んだこと」

についてお話したいと思います。

私が特に学んだことは

計画性を持つことの大切さ

だと思います。

第一志望合格の為には

自分に何が足りないのか

どのような勉強が必要なのか

を理解した上で

計画を立て、実行することが必要です。

東進にいれば

良く分かるかもしれませんが

予備校では、

「だいたいどれくらいの時期から

過去問を解き始めた方が良い」

といったような

情報を教えてくれます。

しかし、

人によって忙しさや集中力

問題を解くことにかかる時間は異なります。

つまり、

人に与えられた情報に従って動くのではなく

自分で考え、行動することが大切です。

その大切さが最も影響するのは

計画を立てる場面です。

「計画を立て、実行し、必要があれば修正する」

このサイクルを繰り返すことは

とてもありきたりのように感じますが

やはりとても大切なことです。

そしてこのサイクルをこなすことは

受験期間だけでなく

大学に入ってから、就職してからも

重要です。

皆さんも自分に与えられた時間を

最大限に活用し

有意義な時間を過ごしてください!

 

前回の担任助手からの質問

Q.花粉症ですか?

A.花粉症です….今の時期から辛いです。

 

明日の担任助手への質問

Q.3月中の一番楽しみなイベントは何ですか?

 

2019年 2月 27日 受験を通して学んだこと③

こんにちは。

白桃和樹です。

 

今年度の大学入試も

終わりですね。

受験生のみなさん

本当にお疲れ様でした。

しかし大学合格がゴールではなく、

大学生活の中で何をするのか

卒業後に何をしたいのか、が

重要なので、目標を立てて

頑張ってください。

 

さて、大学入試を通じて

学んだことですが、

学んだことはと言うと、

やることを計画的に

実行していくことの重要さ

ですかね。

 

受験を経験した人なら

分かると思いますが、

受験においては志望校に

受かるためにはセンターで

どれぐらいの点数を取らなければ

いけないのかを知り、

その為に残りの時間で

何をどのように勉強すればいいのか

が大切だったと思います。

それは他の事でも同じで、

例えば大学では定期試験の

他に、レポートが課題で

出される場合もあります。

レポートは、題材について

本や論文を読んで、

その内容をまとめ、

指定された文量を書く必要が

あります。

その際、しっかりと

いつまでに調べ、まとめ、書き進める

のかを事前に決めておけば

スムーズにできます。

逆に決めていなければ、

夏休みの宿題状態で、期限ギリギリに

なって焦りだし、徹夜する

ことになります。

そんな様子では良いものは

書けませんね。

 

もっと広い範囲で考えると、

将来やりたいことがある場合は、

それを成すためにやるべきことを

考えなくてはいけません。

資格が必要なのか、

海外留学して語学を

勉強するのか、など。

何も考えずに過ごしていると、

最終的に後悔することに

なってしまうので、

1日1日を大切にしましょう!笑

 

僕も将来何をやりたいのか

今一度考えて、

そのために必要な技術や

能力を身に付けるための

大学生活にしていこうと

改めて強く思いました。

 


昨日の担任助手からの質問

Q.不安なことがあった時の気の紛らわせ方を教えてください

A.気の紛らわせ方ではないですが、対処方

としては、不安に思う事柄の

最悪の事態を考えます。

そうすればもしそうなったときの

対応を考えられるし、そもそも大抵は

最悪の事態にはならないです。笑

 

明日の担任助手への質問

Q.花粉症ですか?

 

 

2019年 2月 26日 受験を通して学んだこと

 

 

 

こんにちは!

明治学院大学2年の松井です

今日はついに

前期試験の最終日となりましたね!

今の受験生が

もう大学生になるのかと考えると

感慨深いものがありますね~

なにはともあれ

皆さんから

いい報告を聞けることを

楽しみに待っています!

 

さて今回のテーマは

「受験を通して学んだこと」

ですね。

僕が受験を通して

感じたことは

時間の大切さ

ですね!

3年の11月まで部活をやっていて

そこから本格的な受験生として

勉強を再スタートしたわけですが

自分の中で

第一志望の本番が

まだ成績が伸びている途中の段階

で受験してしまっている

という感覚がありました。

最後まで部活を

やったおかげで得たものは

とてつもなく大きなものでしたし、

部活をしながらも受験勉強を

両立してきたことも

人生の中でとても貴重で

大変な経験でした。

なので、

部活を否定するわけではないですし、

むしろ部活は最後までやった方がいい

と思っている人です。

その前提でお話させてもらいますが、

受験勉強は、

「量」が非常に重要なのだと

肌で感じました。

いくら両立しているとはいえ

部活をやっている人と

引退している人では

進度が大きく変わってきます。

具体的にいうと

平日だと3時間

土日だと10時間ほど

差があります。

なので

一週間で、25時間も差が生まれます。

25時間あれば何ができますか??

受講だったら、

確認テストを含めて

10コマ、さらに

高速基礎マスターの時間も取れそうですね。

それだけの差を

埋めるための工夫が必要だと

受験を通して学びました。

例えば、

電車の移動時間、学校の休み時間

弁当を食べている時

など

全ての時間を

勉強にあてていかないと

間に合いません。

こういった経験があるからこそ

今の自分の勉強や行動の

原則として

時間を大切にするということ

意識するようになりました。

皆さんも

量に関して

自分の勉強を

もう一度見直してみてはいかがでしょうか?

 

また

高1,2生で受験勉強を始めている人は

勉強時間が他の生徒に比べて多いので

大チャンスを得ているわけです。

ここでさぼるか

頑張るかで

有名、難関大

十分に狙えます!!

この2,3月は来年の

合否、成績の伸びを

占うレベルで重要なので

しっかり勉強をしましょう!

長くなりましたが、

伝えたいことは

今ある時間を

大切にしてほしいと思います!

また

思い立ったらすぐ行動に

移しましょう!

それがきっと

将来の役に立ちます!

頑張りましょう!

 

 


 

昨日の担任助手からの質問

Q.東京五輪みにいきますか?

見に行きたいですね!

時間とお金に余裕があれば、、、笑

 

明日の担任助手への質問

Q.不安なことがあった時の気の紛らわせ方を教えてください

 

2019年 2月 25日 受験を通して学んだこと

こんにちは!

早稲田大学商学部2年、

片山颯斗です!

本日は2/25、

国立大学前期入試の日ですね。

現在午前9時。

自分が校舎でこうして

ブログを執筆している中、

同じ時間に違う場所で受験生が

頑張っていると思うと、

なにか熱いものが

こみ上げてきますね。

ぜひ、頑張ってください!

さて、本日のテーマは

「受験を通して学んだこと」

ということで、

う~ん…いいテーマですね~笑

いつも月の頭にテーマをまとめて

考えてくれている

ブログ担当の方には

頭が上がりません笑

それでは本題に入っていきましょう。

私が受験を通して学んだことは、

やるのであれば徹底的、そして戦略的に

ということです。

これは単純に言い換えると

結局大事なのは量と質

であるという事です。

実はこのことについては

担任助手になってから

何度も話に出してきている事なので、

もしかしたら皆さんの中には

僕がこの話をしているところを

みたことがある人がいるかも

しれませんね笑

ただ、何度も何度も繰り返して

話をするくらい、

僕にとっては受験を通して得た、

今後の人生にも生かすことができる

大切な気づきでした。

ここで大切なのは、

量と質の一方だけではなく、

そのどちらをも高いレベルに

持ってくることです。

量に関しての話は

特に詳しく述べずとも

皆さんにもすぐに

理解していただけるかな

と思いますが、

この話をしたときに

生徒の皆さんに

よく質問されることとして、

質ってなに?

どうやってあげるの?

ということがあります。

まず初めに質をあげるとは、

効率性を高めるということです

つまり投入する時間は同じでも、

その与えられた時間を

最大限有効活用し、

成果の最大化を目指す、

ということです。

次に質を高める方法ですが、

その方法とは

戦略を立てることです

例えば受験の例で考えてみると、

合格から逆算して

各時期ごとにやるべきことを設定し、

それをもとに今は何をするのが

一番いいのかという事を考える

といったようなことです。

このようにな質を高めるための

戦略立ての場として、

東進では月に1回のペースで

合格指導面談を行っています。

もちろん自分で自己分析をして

自分で戦略立てが出来る方も

いらっしゃるとは思いますが、

自分ではない他の人からの

見え方も考慮すると、

より一層効果のある

戦略立てが出来ると思うので、

こだわってやってほしいなと思います!

受験は人生の中でも

最も大変な試練の中の

1つかもしれませんが、

困難を乗り越えられた先、

あるいはその過程で、

その後の人生に

生かすことのできる気づきが

必ずあります!

皆さんが最大限努力し

なにか素敵な気づきを

得られることを願っています^^

 


 

昨日の担任助手からの質問

Q.新しい元号は?

A.片山

明日の担任助手への質問

Q.東京五輪みにいきますか?

2019年 2月 24日 国立前期、全力出しきってきてください!

こんにちは!

横浜国立大学4年、齊藤です。

 

明日は、国立大学の前期入試ですね。

自分も4年前に、

迷いながら受験会場まで行ったのが

懐かしいです。

 

事前に大学までのアクセスは、

調べておきましょう!

 

入試前日という事で、

ありがちですが、

試験本番で一番大切なことを

書いてみたいと思います。

 

生徒のみなさんは、

学力POSの

「講師激励メッセージ」を

見ましたか?

 

今日は、

そこである先生がおっしゃっていた

メッセージを

紹介したいと思います。

 

常に平常心

これは数学科講師、

志田晶先生が

おっしゃっていたメッセージです。

 

他にも、

英語科講師、

西きょうじ先生も、

大切なのはsmile」と

おっしゃっていました。

 

今のみなさんは、

この1年、

あるいはもっと長く、

辛い受験勉強を

乗り越えてきました。

 

自分の力を

最大限出し切れば、

合格を勝ち取れるはずです。

 

落ち着いて、

自分の最大限を出してきてください。

 

でも、

試験本番で落ち着くためには、

これまで自分が、

最大限努力してきたという自信

一番大切だと、

志田先生はおっしゃっていました。

 

試験会場に着いても、

最後の1秒まで、

泥臭く勉強している人こそ、

自信をもって試験に挑めるはずです。

 

頑張ってきてください。

校舎からスタッフ一同、応援しています。

 

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

 

昨日の担任助手からの質問

Q.今年の夏の目標は?

A.ごりごりのまっちょになることです

 

明日の担任助手への質問

Q.新しい元号は?

 

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐