4月。誰よりも早く本気になろう | 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

ブログ

2016年 3月 30日 4月。誰よりも早く本気になろう

 

こんにちは!!

東進ハイスクール湘南台東口校4年の溝渕です。

現在、慶應義塾大学生命情報学科に所属しています。

 

 

春休みも残すところ、一週間となりました。

しかし、日本では四月から年度が切り替わり、2016年度が始まります。

まだまだ世間的には春休みですが、

周りが本気になりきれていない今だからこそ、頑張る価値があると思います。

 

 

4月から頑張ると、、、、、、、、、

 

① 周りとの差をつけやすい

多くの高校生は、4月に気を抜きがちです。

春休みのなごり、部活の勧誘、クラス替え etc

多くのイベントで、勉強から遠ざかってしまいます。

しかし、勉強は一日怠ると、取り戻すのに三日かかると言われています。

少しずつでも良いので、勉強は毎日しましょう!!

 

 

② 長時間集中して勉強できるようになる

受験生は過去問を解くための演習を夏休み中に行います。

上の画像を見ても分かるように、受験生の夏休み勉強時間は膨大です。

4月からある程度の勉強時間に慣れておかなければ、

長時間の勉強に集中することができません。

2~3時間ぐらいの勉強には慣れておくようにしましょう!!

 

 

③ 復習がはかどる

普段は、「授業を受けるので手一杯で、復習する時間なんて無い!!」

なんて方もいらっしゃると思います。

先ほども言った通り、四月は勉強以外のイベントが数多くあります。

したがって、必然的に学校で勉強の進むスピードも緩やかです。

復習は、今やらずして、いつやるのかって感じです(笑)

 

 

上に例として挙げたように、4月から勉強を始めると良いこと尽くしです

 東進ハイスクール湘南台東口校は、本気の高校生をいつでも応援しています!!

———————————————————————————————————

前回、担任助手からの質問

Q.大学生になるまでに「やっておいて良かったな~」と思うことは何ですか?

部活です!!

上では、勉強について書かせて頂きましたが、やはり高校生と言えば部活です。

あれ程までに自分の体を追い込む経験は、高校を卒業したらできないことだと思います。

また、勉強にも体力は必要なので部活は全力で頑張りましょう!!

 

次回、担任助手への質問

Q.人生の中で一番感謝したことは何ですか??

———————————————————————————————————

 

少しでも興味のある方は以下の画像をクリック!!

 湘南台東口校では体験授業を受けることが可能です!!