第2・第3志望校の過去問の進め方 | 東進ハイスクール 湘南台東口校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

ブログ

2021年 11月 22日 第2・第3志望校の過去問の進め方

こんにちは!東京理科大学2年の

藤野真樹です!

久しぶりのブログです!!!笑

明日から中間テストの期間が始まるので

しばらくは勉強漬けです笑

今日は第2・3志望校の過去問の

進め方についてです!

すなわち併願校ですね!

当たり前ですが、どの大学も独自の問題を出してくるので、

傾向をつかんでおかなくてはいけません。

5年解くのが理想的ではないでしょうか。

具体的な進め方としは

自分は第一志望校は本番に近い状況

でやりかたったので、土日にまとめて

やるようにしていました。

そうした方が復習や対策のタイミングが

取りやすいからです。

併願校の過去問はというと、

平日に科目を分けて解いていました。

対策はもちろん、

知識の確認の問題集的な使い方も

併願校の過去問でしていました。

 

1つ言えることは。

併願校の過去問は早めに始めないと、

後回しにすればするほど時間がなくなるので

っ早めの対策が大事です!!

 

 

 

昨日の担任助手からの質問

Q.今年中にやりたい事はなんですか?

 

A.ポケモンやりたいです。

 

 

明日の担任助手への質問

Q.最近あった楽しかったことを教えてください。