私の現役の時の夏休みの1日のスケジュール教えます⑤ | 東進ハイスクール 湘南台東口校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2022年 8月 2日 私の現役の時の夏休みの1日のスケジュール教えます⑤

こんにちは。

担任助手4年の鵜高です。

今日は表題の通り、

私が受験生だった時のスケジュールを、

何を思ってそうしていたか

理由と共にお伝え出来たらと思います。

とはいえ、受験から4年もたっているので

少し曖昧な部分があったり、

今とは東進全体のスケジュールが違ったりしますが

ご了承ください。。。

 

以下、スケジュールです

(見にくくてすみません。。)

6:00~10  起床

7:00   登校、1日何をするか予定立て

~8:00   英単語や古文単語など簡単な暗記系

     前日のまとめノート確認

~12:00  日本史の夏期講習(受講)+日本史復習

~12:30  お昼ご飯

13:00~17:00 過去問(センター対策)

17:00~17:30 仮眠

~閉館    参考書やその日やりたいこと、必要な勉強

帰宅~   寝る前まで好きなことをする時間

寝る前10分くらい その日のまとめノートを確認 

24:30前後 就寝

 

以上が私の平均的な夏休みの時間の使い方です。

私の場合、日本史に苦戦していて

受講がかなりの数残ってしまっていたので、

午前中は日本史に注力して

午後は過去問や演習に時間を使っていました。

私が生徒の時は7時開館だったので、

それに間に合うように6時に起きて支度をしていました。

ポイントとしては、

・最初に1日の予定立てをする

・寝起きの時間帯に英単語などの

簡単な暗記を行って目を覚ます

・眠い時は無理せず一旦寝てリフレッシュする

・1日中気をはるのではなく、家と東進でメリハリをつける

・復習したいことをまとめて、寝る前に見る

の5点を意識していました。

最初に1日の予定を立てることで

ノルマが明確になり、緊張感をもって勉強出来ます。

あとは、メリハリと睡眠管理です。

ずっと頑張り続けるのは途中で折れてしまうタイプ

だったので、家に帰った後は好きなことをして

リフレッシュすること、

眠い目をこすって頑張るのは

逆に効率が落ちることを知っていたので、

眠い時は仮眠するなど、

自分のメンタル管理は特に気を使っていました。

また、寝る前にその日に暗記したいことを

確認しておくと、

次の日以降の記憶持ちがとてもよくなるので

おすすめです。

ほんの一例を今回は紹介しましたが、

ここで重要なのは

自分なりのルーティーンを考え、

それを実行することが大切です

自己分析をして、

自分が一番良いパフォーマンスを発揮できる状態

維持できるような勉強方法を続けてみましょう。

夏は1日1日の過ごし方一つで

本番の結果が本当に変わります。

気合い入れていきましょう!

やる気でないな、、という人は、

まず朝から校舎に来ることから始めましょう!!

 

 

昨日の担任助手からの質問

Q.夏休みに楽しみなことは何ですか?

A.高校の部活の顧問の先生と久しぶりにBBQすることです!!

 

明日の担任助手への質問

Q.夏休みに楽しみなことは何ですか?