模試の復習方法(日本史&英語) | 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

ブログ

2016年 5月 4日 模試の復習方法(日本史&英語)

こんにちは!

1年担任助手の今野です!

今日は模試の復習方法について話をしたいと思います!

模試の復習方法として

もう一度解く

苦手を見つけて普段の勉強に繋げる

この2つがありますが

今日は後者の方を話していきます!

まず日本史の復習方法ですが

センター試験で日本史の問題は大きく3つに分かれます。

 

①正誤問題

②用語の穴埋め

③整序問題

 

①の問題の場合は

解答を見てどこが違うのか

線を引きながら確認しておくのが必須です。

普段の勉強では

ひとつの単語について

説明出来るかどうか確認する作業を

行ってください。

例えば「享保の改革」について

説明が出来るのか?

そういった感じで自問自答を繰り返してみて下さい!

②に関しては

一問一答をひたすら繰り返す

テキストを繰り返す

単調な作業ですが

やるしかありません・・・

センターだけに限っていうなら

書ける必要はありません。

見て選べればいいので

一問一答も頭の中で言えれば

センターは大丈夫だと思います!

③の問題は

いちばん厄介ですね・・・

苦手な人も多いと思います

歴史の流れを把握しないといけません。

この将軍の時は何が起きた・・・

この内閣の時は何が起きた・・・

これを把握する

気が遠くなるような作業ですね・・・

今週は鎌倉時代

来週は室町時代

といったように

少しずつ進めていきましょう(^_^;)

最後に日本史に関して言える事は

根気よくやること

日本史はやればやった分だけ

成績が伸びると言われてるので

すぐ結果を求めがちですが

残念ながら一回二回で覚えられる分量ではありません。

何回も繰り返すことが大事なので

根気よく長い目でみて

勉強することを心掛けてください!(^^)!

 

次に英語の復習方法です。

文法・読解

大きく分ければこのふたつですね。

文法は

高速基礎マスター

もしくは

ネクステなどの問題集を

答えを覚えるくらいの勢いで

ひたすら解いていきましょう。

見た瞬間にパッと答えが出る

ここまで仕上げれば

文法問題は安定してきますよ(^O^)

次は長文についてです。

まず何で長文が読めないのかを考えていきましょう。

①単語・熟語をやってない

すぐに高速基礎マスターもしくは

一般的な単語・熟語帳を

マスターしましょう!

②単語・熟語はやったけど読めない

こういう方もいると思います。

瞬間的に単語の意味がでるのか?

音読はしているのか?

瞬間的に意味も分かるし

音読もしてるよ

そういう方は

英語が読めるまであと一歩です!

あとは長文をたくさん読んで

場数を踏んでいきましょう!

「慣れ」というのも英語を読むうえで

非常に大切な要素です!(^^)!

でもその前に

単語・熟語を覚え

そしてなにより音読までしてる

自分に自信を持ってください(*^_^*)

英語学習においてまとめるなら

音読を軸に英語学習を進めてください。

自分も音読を初めてから二か月で

模試の点数が40点伸びました!!

音読の効果は無限大なので

英語で悩んでる方は音読してください!!!

 

長くなってすみませんでした(._.)

次の模試に向けて一緒に頑張っていきましょう(^O^)

******************************

自分自身への質問

Q 趣味はなんですか?

A スポーツ観戦です

 

次回担任助手への質問

Q最近ハマってることは?