模試の復習の大切さ | 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

ブログ

2020年 6月 25日 模試の復習の大切さ

こんにちは!

担任助手1年の 小泉伸之助です!

先日は模試お疲れ様でした!

今回は、模試の復習についてです。

まず、復習はいつすればいいのか。

できれば当日です!

当日やる理由として、

その模試の記憶が一番鮮明だからです!

模試は普段とは違う雰囲気で挑みます。

その中で、どれくらい解けたのか、

どのくらいまで理解しているのか、

どこが抜けているのかを

全て把握する必要があります。

なので記憶の新しい当日にやるべきなのです!

ではどのようにやればいいのか?

自分のやり方を簡単に説明すると、

まず問題をピックアップします。

ノートの真ん中に線を引き、

左に、問題の解説、ポイント、

右に、1週間後になんも見ずに解きます。

これで十分です!

なぜ1週間後なのかというのは、

忘却曲線で8割忘れているからです!

詳しくは校舎の掲示物に

自分が書いたのが

載っているので

是非見てみてください!

今の段階では、まだ点数に伸び悩んでいる人も

多いと思います。

でも大丈夫です!

今は受講が終わった段階、

すなわちインプットが終わった状態です。

でも、入試問題を解くには、

アウトプットが必要なのです!

その時間が足りていないだけで、

これからアウトプットを

やり続ければ、点数は伸びます!

次の本番レベル模試は、8月です。

夏の模試は、受験の中間地点、

そこに向けて今回の模試を復習し、

基礎基本の確認をしっかりしていきましょう!

前回担任助手からの質問

Q 好きな歌手は?

A 髭男にハまってます!

次回担任助手への質問

Q 寝つきをよくするいい方法は?