数学の勉強法 | 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

ブログ

2016年 7月 13日 数学の勉強法

 

こんにちは!

早稲田大学基幹理工学部1年の荒井修馬です。

 

今日は雨が降り、じめじめした1日となりましたね。

こんな日は気分が上がらず勉強が進まないという人がいるのではないでしょうか、、、

 

そんな人のために私が数学のおすすめの勉強法を教えたいと思います!

しかし、数学と一言でいってもⅠA・ⅡB・Ⅲがあります。

その分野ごとに勉強法を教えていきたいと思います。

 

.ⅡB

まず、一番点数が上がりやすく、私が一番勉強しやすかったⅡBです。

三角関数、指数関数、図形と式、数列、ベクトルなど

多くの公式が存在します。

ⅡBを一番てっとり早く習得するには公式の証明がおすすめです。

それによって公式の理解ができて、暗記もすぐできます。

なので、加法定理、相加・相乗平均など公式の証明をときどきやってみてください。

 

2.Ⅲ

数3は高校数学の中でも圧倒的に演習量を必要とします。

なぜなら、計算が複雑だからです。

たとえば、部分積分にe^-xがあると何回もマイナスがつくかどうか悩まされたりします。

あと、慣れない考え方が多いんです!

複素数平面、楕円、双曲線、極限、区分求積などがその代表です。

そういった面からとにかく問題集や過去問などを駆使してたくさん演習をすることをすすめます。

 

3.ⅠA

なぜ最後にⅠAを持ってきたかというと理系の人はほとんどの人が

ⅠAが一番難しい!というからです。

私自身そう感じたことは何度もあります。

センターレベルまではほとんどの人が難なくできるのですが、二次試験になると

とたんにできる人が少なくなるのです。

というのもⅠAは当たり前のことを勉強する分野が多いからです。

ⅡBやⅢは発展させたものがほとんどですが、

ⅠAは整数や命題など基本のうちの基本をやるのです。

なので、少し複雑にされると公式もあまりないので、頭をひねりにひねって考えなければならないのです。

だから、私はⅠAでは本質を理解することを勉強法としておすすめします。

 

4.まとめ

このように数学は分野がたくさんあってどれを勉強すればいいのか

わからなくなったりします。

しかし、その分野に合った勉強法は必ずあるのであきらめないで最後まで頑張ってください!

 

 

——————————————————

前回の担任助手からの質問

Q.今年の夏の目標を教えてください。

A.私は大学のテニスサークルに入っているのですが、

そのレギュラーになることです!

 

 次回の担任助手への質問

Q.受験生のとき夏は何をモチベーションにべんきょうしていましたか?

——————————————————