数学の克服! | 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

ブログ

2016年 9月 11日 数学の克服!

こんにちは!

久しぶりにホームページを更新します、慶應義塾大学2年の岩城です!

更新していない間に、台風が3つほど来て本当に大変でした…。天気予報に狂わされる日々でした…。

さて、今回のテーマは、「数学の克服!」です!

私は理系だったのですが、数学がとても苦手でした。特にベクトル…。

もともと数学は好きだったのですが、部活やらなにやらで言い訳をしてやらなくなるうちに、いつの間にか苦手科目になっていました。

なんとか克服をしたので、その克服について話そうと思いますが、まずは苦手になる前に勉強しておくことです。

やっているのとやっていないのでは、後から巻き返さなければならない量が違ってきます(単元の数もそうですが、一つの単元でも、本当に基礎の基礎から見直さなければならなくなります)。

あくまで私がどのように勉強していたか話すので、参考までにしてください。

☆時間を決めて勉強する

長い時間苦手科目と向き合うことは確かに悪いことではありません。

しかし勉強する科目は一つではありませんし、いつまでもずっと同じ問題と向き合っているのは効率的ではありません。

私は数学の問題集を1日1時間やることにしていました。

☆間違えた問題は正解するまでやる

問題集や過去問で間違えた問題は、印をつけて一回とばしました。

そして、次やるときにもう一度その問題を解いていました。

間違えた問題がそのままだと、なんだか落ち着かないし、入試で出たら解けないですよね…。

 

と、ここまで克服の仕方を述べてきましたが、恐らく「もうやってます」というものばかりだったと思います。

そうです、苦手だからといって特別なことはしなくてもいいのです。

ただ、基本的なことを苦手科目でもきちんとできるようにすることが大切です!

———————————————————————————————

前回担任助手からの質問

Q.自分の直したいなと思うところはありますか?

A.こういった質問に対して、

「あります」

という回答だけで済ませようとするところですかね…。

 「好きな食べ物はなんですか」と聞かれれば、「トマトです」と答えますが、

「好きな食べ物はありますか」と聞かれると…「まあ、あります…」と答えます。

オープンクエスチョンとクローズドクエスチョンというものですね。

先ほどの例でいえば、「トマト」と答えられるのがオープンクエスチョン、

「あります」と答えられるのがクローズドクエスチョンです。

大学生になると少しこういう単語を聞くかもしれませんので、覚えていて損はありませんよ!

次回

担任助手への質問

Q.季節の変わり目の乗り越え方を教えてください!

私は台風がきたり気温が安定しないと、頭が痛くなります…。

—————————————————————————————————