大学紹介~東京工業大学~ | 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

ブログ

2014年 8月 11日 大学紹介~東京工業大学~

こんにちは、スタッフの荒井です。

今日は私が通っている東京工業大学(略して東工大)を軽く紹介したいと思います。

東工大は大岡山キャンパス(理学部、工学部)とすずかけ台キャンパス(生命理工学部)があります。大きいのは大岡山キャンパスのほうです。

 

東工大の学生の男女比に興味はあるのでしょうか・・・?

1学年約1000人のうち、女子学生は約100人、男女比は9:1です。

総合大学ではなく理系大学なので、この数字は普通なのかなと思います。

それよりも取り上げるべきは、海外留学生の人数の多さです!学内を歩けば、度々見かけるくらい多くの留学生の人たちがいます。

みなさん日本語が上手でその優秀さには驚かされます。

 

東工大には多くの学科がありますが、入学するときはまだ学科を決めずに類に所属して、2年生になってから学科所属をするという制度をとっています。

類は1~7類まであって、1類は理学部系(数学科、物理学科など)、2類は材料化学系、3類は化学工学系、4類は機械、宇宙系、5類は電気、情報系、6類は建築、土木系、7類は生命科学系と分かれています。受験の際にはこの類を選択することになっています。

 

東工大は建物がきれいです!おしゃれな感じはないかもしれませんが、形がすっきりしています。

たとえば、正門すぐのところにある図書室うえにある自習スペースとなっている建物は先端がとがっている三角形の形をしていて、東工大ではその形から通称チーズケーキと呼ばれています。

 

 全国の東工大を受験したいと思った学生は、ほとんどが授業や研究のレベルの高さにあると思います。

実際、理数系の授業では東工大で行っている研究の一部を教えてくれたりするので、最先端の分野に興味がある人にはもってこいだと思います。

教授の方々も全国的に権威のある方たちばかりで、お話を聴いているだけでも世界が広がるように思えます。

 

この間、東工大のオープンキャンパスがありました。非常に多くの学生にきていただきましたが、これからも興味のある人たちはぜひ一度でも東工大大岡山キャンパスに足を運んでみて下さい。