大学で活きたこと | 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

ブログ

2016年 2月 21日 大学で活きたこと

 

 

こんにちは。湘南台東口校担任助手、慶應義塾大学3年の溝渕です。

 

大学生になってから多くのことを気づかされます。(特に勉強面、、、、、)

高校生の中には大学に対して、遊びのイメージを持っている方も多くいらっしゃるかと思います。

 

 

 

 

 

 

そんなことは決してはありません!!!!!!

むしろ、勉強量は高校生に比べて増えると思います。

そこで、大学生になって活きた勉強ついて紹介したいと思います。

 

①英語

やっぱりこれが1番活きてきますね。英語は大学生と言わず、社会人になってからも必要です。

大学生は高校生に比べ、外国人と話す機会が大変多いです。

また、周りの友達でも日本人かと思いきや、出身地がアメリカ、中国etcと外国出身の方が大変多いです。

いずれも、英語で話しかけられたときに対応できないと恥ずかしいです。

大学で英語を学ぶ場所は大変限られています。

高校生は今のうちにしっかりと基礎を身につけてください。

受験が終わった方は、今の時間を有効活用してTOEICなどを勉強してみるのも良いかもしれません。

 

②国語

国語?? ここで、多くの方が疑問に感じるかもしれません。

「今更、国語かよ(笑)」。そんな声が聞こえてきます。

しかし、日本で生きていく上で国語は日常生活で最も使う学問の一つです。

大学生は文理に問わず、必ずレポートを書きます。その時に、必ず国語力が必要になってきます。

稚拙な表現を使ってしまうと、評価が下がったりしてしまうのですね。。。。

高校生のうちにたくさん本を読みましょう!!

 

 

 

何はともあれ、高校の勉強はすべて、大学、その先の人生に関わってきます。

頑張ってください。

 

***担任助手質問リレー***

椎名担任助手からの質問

Q.受験生時代、東進でよく食べたお昼ご飯は何ですか?

良い質問ですね。

A.僕はトルティィィィィィヤを食べていました。

野菜とお肉のバランスが丁度いいんですね。これが。

ご賞味あれ。

 

明日の水野へ

Q. 人生の中で一番すごい実績は何ですか??

 

*************