大学でまなんでいること | 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

ブログ

2016年 12月 2日 大学でまなんでいること

 

 

 

 

こんにちは!

明治大学2年小峯です。

私は法学部の2年生です。

 

 

大学では憲法・民法・刑法

を必修で勉強しています。

(必修…だれもが必ず受講し、成績をとらなくてはいけない科目)

 

1年生のときはこの憲法民法刑法

と法律の体系と

教養科目をまなんでいました。

しかし現在2年生になり

行政法や国際法や文化など

さまざまな範囲の法律

とその解釈にひつような文化をまなんでいます。

 

わたしは2年生の前期で

グローバルイシューという

国際問題について考える授業をとっていたので

国際法の授業に大変興味をもち

国際法を深く学びたいなと

方向性がきまりました。

 

法学部

というと

法律しか勉強しないイメージですが

国際関係や経済論など

学べる範囲は自分次第でとてもひろいです。

法学部にはいってよかったことは

①まなんでいる内容が実践的で

すぐにやくだつ。

②ぼーっとしてて4年間

なにも身に付かなかったということがない

(課題に追われて少なかれ法律の知識がつく)

③論理的に考える力を

学べる

 

という点です。

 

法学部を検討してない人に

是非かんがえてみてほしいです^^

 

 

________________________________

前回の担任助手からの質問

Q一番行きたい国は?

A.スリランカにいきたいですね!!

なんか神秘的!

アーユルヴェーダとかきになります!!

 

次回の担任助手への質問

Q.来世生まれ変わるならどんなひとにうまれたい?