大問分野別演習の活用方法④ | 東進ハイスクール 湘南台東口校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

ブログ

2021年 7月 10日 大問分野別演習の活用方法④

こんにちは!

法政大学

文学部心理学科

金子楓です。

 

今日は

いつものじめじめとした

空気感から一変して

暑い一日でしたね!

 

そんな中の登校

お疲れ様です!!

 

さて

今回も大問分野別演習の

活用方法について

お話していきたいと思います!

 

前回までの内容をおさらいすると

自分の解答と解説を照らし合わせる

解く際に時間を意識する

しっかり考える

とのことでした!

今回取り上げたいのは

復習を必ずすること

です!

 

まず

大問分野別は

何のために解くのか

考えてみてください!

筆者が思うに

苦手を克服するため

です

 

共通テストの過去問を解いて

苦手だと感じた大問を

中心に解くことが大切です!

 

特に

国語や英語などの

演習数が

ものをいう教科は

何度も解き直し、

解き方

もちろん

問題の流れなども

分析していました。

 

また

日本史や理科基礎などの

暗記教科は

演習して

日々の学習の成果を

確かめる

ことを目的に演習していました。

 

 

また復習する上で確認するのは

自分の解き方は適切だったか、

時間配分は自分に合ったものだったのか、

問題の解く順番は適切だったのか、

どのような流れの問題だったのか、

前回の復習を活かせたのか、

という事です。

 

また

できなかった部分を

ノートにまとめることも

有効なので

活用してみてください!

 

夏休みまで

ラストスパートです!

毎日登校を

心掛けていきましょう!

 

 

 

昨日の担任助手からの質問

Q.眠気を覚ますために何をしていますか?

A.受験生時代は水を飲んでいました!

それでも眠気が覚めないときは思い切って寝るようにしていました!

15分や20分で起きられない人にはお勧めできませんが…(笑)

 

明日の担任助手への質問

Q.夏休みはどこに遊びに行く予定ですか?