基礎固めの重要性 | 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

ブログ

2015年 9月 28日 基礎固めの重要性

1,919時間

これ、何の数字か分かりますか?

正解は・・・

 

難関大現役合格者の高校入学~高3になるまでの勉強時間です!!

内訳は

高1:798時間

高2:1,121時間

となっています。

では、この1,919時間に何をしていたか?それはズバリ基礎固め

高3になる前に基礎事項をしっかり勉強しておき、高3から受験当日までみっちり志望校対策に費やせた、というわけです。

以前『できることは今からはじめよう』という記事でも基礎事項の徹底について触れられていましたが、今回は志望校対策とは何かそのためにしておきたいことについてお話します。

 

志望校対策とは?

志望校対策は主に2つの学習から成り立ちます。

①志望校対策のための授業(志望校対策特別講座)

自分の志望する大学・学部の出題傾向・形式を知り、適した解法を授業で徹底的に解説。また問題演習を通じて志望校レベルまで力を養っていきます。

②過去問演習(過去10年分解く!!)

本番で試験を受ける以上、実際と同じ問題・時間配分で試験問題を解くことは欠かせません。みなさんの先輩も初めて解いた時は歯が立たない、という人がほとんどですが、回数をこなし訓練を重ねるうちに余裕を持って時間内に解けるようになっています。

志望校対策までにしておきたいこと

上記の志望校対策で準備を万全にするためにしておきたいこと、それは高2までに基礎を身につけることです。

では、基礎とは?身につけるってどうやって?

例えば・・・

英単語・熟語の暗記 ⇒ 単語帳・高速マスターアプリで移動中にコツコツ勉強!

学校の授業の復習・100%理解 ⇒ 毎日10分間でノート見直し、さらに不安な分野は受講して理解を深める&確認テスト即日SS合格!

机に向かってガツガツ勉強しよう!というのも大切ですが、スキマ時間や寝る前の時間等毎日にコツコツ勉強することももっと大切です。

ちなみに私(細井)は高校までの通学時間1時間でひたすら単語や古文単語・世界史の用語集のような暗記モノを、寝る前に10分間だけ音読して授業の復習を続けて成果がありました!!(それを始めたのは高3だったので、もっと早く始めていれば…と後悔しています)

 

高1・2年の皆さんは、1,919時間をどのように使いますか?