君はなぜ受験するのか? | 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

2015年 5月 8日 君はなぜ受験するのか?

みなさんこんにちは!2年生担任助手の加野です。今日は、なぜみなさんは受験をするのか、お話したいと思います。

私は高校生の時、なぜ受験するのかなど考えることもなく、ただ勉強していただけでした。みんなが受験するものだと勝手に思い込んでいました。おそらく多くのみなさんがわたしと同じだと思います。周りが受験するから、わたしもする。しかし、はたしてそれで本当によいのでしょうか?

受験勉強はとてつもなく長いので、やらされている勉強では絶対最後までやりきることはできません。ではどうすればよいのか?それは将来やりたいことから落とし込んで考えるということです。

将来やりたいことが明確であれ、そうでないであれ、これをやり遂げたいという思いはみんな必ず持っていると思います。その自分のやりたいことから、それを叶えるためにはどうすればよいのかというように現在の勉強まで落とし込み、今の勉強の目的をはっきりとさせることで、今までの勉強がやらされていたものから、自分で進んでやるものへと変化します。

自分の軸をはっきりとさせ、その目標を達成するために手段を考え、その手段(→これが次の目標になります)を達成するために、また手段を考える。この一連のプロセスが、目標達成のためには重要になってきます。これは受験でも同じ。受験勉強はみなさんの将来やりたいことへの一手段であり、中間目標です。今の勉強は将来へとつながっているんだという確信が持てれば、みなさんの受験への意識は格段と良いものへと変わります。この思考プロセスを用いて、みなさんも受験の意識改革してみませんか?