受験生の携帯電話との付き合い方 | 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

ブログ

2020年 10月 23日 受験生の携帯電話との付き合い方

こんにちは!

早稲田大学政治経済学部1年の
井上拓哉です!

もうすぐ全国統一高校生テストがあります!
受験までの模試の回数も少なくなってきたので
模試を受ける時は本番をイメージして
受けるようにしましょう!

今日は受験生に向けて話をしようと思います
 受験生のみなさん、携帯を一日に

どのくらい使ってますか?

勉強に飽きてきたときについ見てしまったり、

家に帰ってから勉強せずに携帯を触ったり

してしまう人も多いと思います。

実際に僕が受験生だったときも

少し時間が空いた時などに

携帯をつい見てしまうことに

悩んでいました。

 

では僕が携帯をつい見てしまうのを

解決した方法は家にいる時間を

なるべく減らすことでした。

家にいると勉強に集中しようと

思っても携帯を触ってしまうので

夜は閉館まで塾にいて、

朝は少し早めに学校に行って

自習スペースで勉強を

していました。

この生活をすることで家に帰ってから

寝るまでの数十分くらいしか

携帯を触らないようになりました。

 

この生活リズムは家で勉強するのが

苦手な人にもおすすめです。

常に周りに受験生がいる環境で

勉強ができるので、刺激を受けながら

勉強をすることができます。

 

受験まで残り少ない期間、時間を大切に

使って頑張っていきましょう!!!

 

昨日の担任助手からの質問

Q. 最近買ったものは?

A.甘いもの

 

明日の担任助手への質問

Q. 寒さをしのぐ方法は?