勉強の質と量について | 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

ブログ

2020年 3月 7日 勉強の質と量について

こんにちは!

横浜国立大学理工学部

もうすぐ4年生の

中川大樹です!

 

学校の授業が無くなったので

自力で勉強を進めようと

挑戦している方、いらっしゃいますか!

「自習」

難しいですよね。

今回は、

そんな高校生、中学生に向けて

文を書きたいと思います。

 

*勉強量について*

勉強量の確保をするには

毎日モチベーション

維持する必要があったりと、

簡単なことではありません。

まずは、勉強が習慣化するような工夫が必要です。

何故かと言うと、

毎日自分がやる気になっている

とは限らないから。

「明日の自分も勉強を

やる気になっているとは限らない!」

と考えてください。

勉強をする習慣があれば

やる気があまりなくても

勉強をできるようになります。

具体的に僕自身は

マックに行って勉強する

を行っています。

(習慣と言うかは怪しいですね…)

僕は家では絶対に勉強出来ない

なので、勉強しかやることが無い環境を

求めてマックに行っています。

何が言いたかったかというと

まずは勉強を継続できるような

工夫をして下さい!

ということです。

テストの点数を上げるには

どれだけ質の高い勉強をしたとしても

多くの時間を必要とします。

継続する力は

結果を出すために必ず必要になりますよ!

 

*勉強の質について*

結論から言いますが

僕は「質を上げたいならこうしろ!」

といった答えは持ち合わせていません…

「良い勉強はどうしたらできるだろう」

と自分自身で考えていってほしいのです。

毎日の勉強の中で

「自分の力に結びついているか?」

「この勉強法で点数は上がるのか?」

と考えてください。

これを繰り返すうちに

自然と勉強で

気を付けることが増えていき

質も高いものとなっていくと思います。

とにかく自分で考えることが大切です。

最初の方は効率が悪いように感じると思いますが、

実践していけばプラスになるはずです!

 

____________________________________________

前回担任助手からの質問

Q,冬といえば??

A.寒いですよね

 

次回担任助手への質問

Q,担任助手をやろうと思った理由は?