君は何のために勉強しているの? | 東進ハイスクール 湘南台東口校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2022年 11月 10日 君は何のために勉強しているの?

こんにちは!

明治大学法学部2年

高橋慶次郎です!

 

全国統一高校生テストが終わり

11月も中盤を迎えました。

 

模試の結果を受けて、

自分に足りない力を正しく分析、

そして身につけるための努力

出来ているでしょうか?

 

復習はもちろん大切ですが、

演習をした後は、

間違えた問題に対して

何があれば正解できたかを考え、

その”何か”を身に着けることが

最も重要です。

 

さてさて。

本日のテーマは

勉強に対する

モチベーションの高め方

です。

 

勉強だけでなく、

やりたくないが、

やらなければいけないことに対する

モチベーションの維持って、

本当に難しいですよね。

 

一つは、周りからの影響で

自分を感化する方法

たとえば東進に来て、

みんなが勉強している

環境に身を置くことで

自分もやらなきゃという

危機感を得ることが出来ます。

 

ただ、

そのような危機感から来る

モチベーションは、

維持しにくいことが難点です。

 

ではどうすれば主体的な、能動的な

モチベーションを獲得できるのか。

 

それは、自分の努力に対して、

目標を正しく設けてあげることです。

 

「独立自尊の社会・世界に

貢献する人財を育成する」

 

東進ハイスクールの理念です。

東進では、大学受験、第一志望校合格は

あくまでも中間目標です。

 

自分が将来社会に対してどのような

良い影響を与えられるか。

そのような場で世界を主導する

リーダーになりうるか。

 

そのようなゴールを目指すにあたって、

知識や技能を身につける場として

志望大学を設定しましょう。

 

一度これに沿って志望校を

考えてみてください。

その大学で力をつけられれば、

なんだか自分の人生が

豊かになる気がしませんか?

 

なんだか自分の将来の目標のために

1歩ずつ近づいている気分になり、

おのずとモチベーションは

上がっていくことでしょう。

 

例えば、私は戦史を学ぶ過程で、

国防という使命の遂行に興味を持ち、

防衛大学校を受験したわけですが、

その過程でもっと政治的に、

言葉をはばからずにいうと、

使われる側よりも使う側として、

国家の役に立ちたいと思うようになりました。

 

その際には、

条約や国際法への知識が必要であり、

また法的な論理的思考能力は

様々な分野で役に立つと考えて、

法学部に進学しました。

 

このように、

「自分が将来目指したい自分」

を追い求めて努力する構図を

クリアに見えてきます。

 

結果的に、

努力すべき”理由”が見つかり、

モチベーションが高まることでしょう。

 

さて、

あなたが成し遂げたい使命は何ですか?

 

昨日の担任助手からの質問

Q.今はまっているものはありますか?

A.2月にスキズのツアーがあります!

W会員になって、熱量最高潮です!!

明日の担任助手への質問

Q.最近あったいいことはなぁに??