共通テスト本番に向けてこれからの過ごし方 | 東進ハイスクール 湘南台東口校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

ブログ

2021年 12月 13日 共通テスト本番に向けてこれからの過ごし方

 

こんにちは!

早稲田大学2年の井上拓哉です!!

 

受験生のみなさんは昨日共通テスト前最後の模試

お疲れさまでした!

共通テストまで残り約1ヶ月̪と本当に

共通テストが近づいていることを実感してくる

時期だと思います。

今日は共通テストまでの残りの期間の

おすすめの過ごし方について書きたいと思います。

 

最後の模試が終わってから共通テスト本番まで

意識してほしいのが

ここからの時期が

一番点数が伸びる

ということです。

今までは模試に向けてや過去問に向けてなど

長い期間で予定を考えて勉強をしてきたと思います。

それに加えてこれからの時期は

細かい知識の詰め込みができます。

 

特に社会科目や理科基礎など

知識が直接点数に結びつく教科は

本番の直前に確認するだけで

点数が伸びる事があります。

 

このように今までしてきた勉強で得た

長期記憶

とこれからの時期に最後の詰め込みをして得る

短期記憶

とが組み合わされば今までよりも点数が伸ばせると思います。

 

また勉強の具体的な進め方としては

冬休みに入るまでに全体の流れを復習しておいて

冬休みに入ってからは細かい知識を

詰めていくのがオススメです。

今のうちに自分の弱点がどこか確認しておくと

冬休みに入ってからどの範囲にどれだけ時間をかけるか

予定を立てやすくなると思います。

 

 

 

今回の模試で結果がよかった人はそれを自信に変えて

思うような結果が出なかった人はそれを活かして

共通テスト対策を残り約1ヶ月頑張りましょう!!

 

最後の最後まで諦めずに1点でも多く取れるように

全力を出し切りましょう!

 

昨日の担任助手からの質問

Q. 模試を受けて意識していたことは?

A. 知識系で足りない部分がどこか確認することです。

 

明日の担任助手への質問

Q. 共通テストの思い出はありますか?