『聲の形』を観て思ったこと | 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

ブログ

2016年 11月 27日 『聲の形』を観て思ったこと

こんにちは!

明治大学1年の今野です!

 

先日、新宿の映画館で

『聲の形』

を観てきました。

 

泣きました(/_;)

 

この映画は聴覚に障害を持った女の子を

いじめていた男の子が

高校生になって

その女の子と再会し、

過去に壊してしまった人間関係を

少しずつ取り戻していくというお話です。

 

その映画で

怖がりの佐原という子が

「怖いかどうかは挑戦してから決めることにしたんだ。」

と言ってジェットコースターに乗るという

ワンシーンがあります。

 

さて、受験生の皆さん。

受験も近づいてきて

怖いという人も多くなってきていると思います。

僕も受験当日を迎えるのがとても怖かったです。

 

この時期に不謹慎で申し訳ありませんが

怖い=落ちる

ですね。

 

佐原さんの言葉をちょっとアレンジするなら

「落ちるかどうかは挑戦してから決める」

 

つまり何が言いたいかというと

この時期クヨクヨしててもしょうがない

という事です!

 

受けるかも受からないかも

受験しないと分かりません。

 

不安いっぱいの時期ということは

痛いほどわかりますが

ここからが本当の正念場ですよ!(^^)!

———————————————————————————————

前回担任助手からの質問

Q.口癖は何ですか?

A.冒頭に「やっぱ」

 

次回担任助手に質問

Q.最近のこだわりはなんですか?