合格設計図作成の意義 | 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

ブログ

2017年 7月 19日 合格設計図作成の意義

 

    

こんにちは!!

明治大学1年

法学部の堀内陸です。

 

今日は合格設計図の意義について

話したいと思います!

 

みなさん今の時期は合格設計図を書いて

夏休みの予定をたてていると思います。

 

じゃあなんでこんなことやらなきゃいけないのか

 

考えた事ありますか??

 

 

夏休みは時間が限られているとはいえ

普段平日で学校に行きながら東進に来てる時と比べると

圧倒的に勉強量が確保できることは確かです。

 

1日15時間で考えても

600時間はあります。

 

こう考えると多く時間があるように感じますよね。

僕も感じますしみなさんもそう感じると思います。

 

しかし、やるべきことも圧倒的に増えるので

結局自由に勉強できる時間は少なくなります。

 

この劇的に変わった環境で

その場その場で勉強を進めていたら

まったく手がつけられなくなります。

 

そのため夏休みの

具体的な予定を

立ててしっかり

守りましょう

 

 

 

 

Q.夏休みは一日何時間勉強してましたか?

 

15時間してました

 

Q.夏休みの息抜きになにしてましたか?

 

 

 

 

過去の記事