部活をやっていてよかったこと | 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

ブログ

2017年 3月 20日 部活をやっていてよかったこと

こんにちは!

明治大学2年小峯です!

 

本日は

”部活をやっていたから大学受験にプラスに働いたこと”

というテーマでお話しさせていただきます!

 

私は高校3年間

吹奏楽部に所属していました!

ちなみに高校は

部活で選んだくらいだったので

中学生のときから

部活に一途だったと思います。

 

休みは月に1回あれば良い方で夏休みも

3日くらいしか休みの日はなかったです。

そんな日が高3の9月までつづきました。

 

部活をやっていてよかったこと は

を鍛えられたこと

を鍛えられたこと

集中力を高められたこと

です。

 

まず①の「」ですが

私は正直大学受験より高校3年間の部活の方が

精神的につらかったです。

なので受験勉強で

「つかれたな…休みたい」と思ったり、

なんとなくダラダラしてしまったときは

自分たちが最後に演奏した

コンクール曲を聴くことで

「あの時にくらべたら

こんなの楽勝だ」

と、気持ちを奮い立たせていました。

 

②の「」を鍛えられた

についてですが

私は吹奏楽部で長時間座っていることに

慣れていたので長時間座って勉強する

ことは辛く感じませんでした。また、

朝は六時から学校で朝練があり、

ホール練習ともなると夜9時近くまで

練習していたのでそれを勉強に応用することができました。

勉強というツールだけで朝6時から夜9時近くまで

努力の天井をあげる事は私にはむずかしかったと思います。

 

 

そして③の集中力

部活引退後の

受験生活を振り返ると

朝の8時半から東進にきて

そこからひたすら勉強して

気付いたら17時で(笑)

「おなかすいたな、、お昼食べてないもんなぁ」(笑)

と思うことが常だったので、

そのような集中力は部活できたえられたのだろうと思います。

 

以上点が

私が部活をやっていたからこそ

受験に生かせた事だと思います。

 

しかし

私にはたりないものがありました。

それは

低学年からの下積み

部活と勉強の両立をしていたからこその

効率性です。

 

私は部活を仮引退するまで

勉強のことを考えられなかったので

本来高3の秋には

終わらせていなくてはならない講座や

高速マスターが

おわっていない状態で引退しました。

 

決して頑張っていなかったわけではなかったですが

今思えば確実に足りていなかったと思います。

その時の私は怠けていたというよりは

部活と+α勉強を

自分がもっと頑張れるということを

しらなかったんだと思います。

そして部活一筋で必死になることを

エライとおもい、勉強を後回しにする自分を

正当化していたのだと思います。

 

部活生の皆さんに伝えたいのは

部活をやっていれば大学受験に

受かるわけではないということです。

部活と勉強を両立させていた人が

受験にうかります。

 

部活一筋で身に付けた

体力や精神力・集中力の効果も

限度があります。

時間には勝てません。

 

「部活をやっていた生徒が、難関大に受かる」

(とよく言われますが)

 これは

部活が忙しい危機感から受験勉強をはやくから

意識し、

部活と両立させながら短時間で勉強する

効率性を身に付け

+部活で鍛えた体力、集中力、精神力

が上乗せされるからだと私は思います。

 

 

最初に述べたテーマと

少し離れてしまいましたが

これが部活生として受験を終えた私が

部活生の皆さんに一番お伝えしたい

ことです。

 

長くなってしまいましたが

最後まで読んでくださり

ありがとうございました^^

 

もし部活生で勉強との

両立に悩んでいる方がいればいつでも

東進にきてくださいね!

お待ちしています!

 


担任助手質問リレー

Q.宝くじで7億あてたら、、幸せになれると思いますか

 

A.何に使うかではないんですね笑

幸せになれるか、、、、。笑

その人がどういうときに幸せを感じる

人間なのか、、に

よるのではないでしょうか。

それがお金で手に入るものなら

きっと幸せになれる。。

と思います!

 

 

Q.尊敬する人を教えてください。

(理由も込みで)


 

過去の記事