苦手の克服 | 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

ブログ

2017年 12月 29日 苦手の克服

東進ハイスクール湘南台東口校は

中高一貫に通う中学生と高校生(現役)対象の予備校です。

★予備校を探している生徒・保護者の皆様へ★

≪≪お申込み・お問い合わせ受付中≫≫

こんにちは!

明治大学文学部2年の今野です!

今年も残りわずかになりました!

受験生の皆さんは年末年始も受験勉強で忙しいと思いますが

お餅とか食べて正月気分を少しでも感じてくださいね!

さて、「苦手の克服」ということですが

みなさんの「苦手」はなんでしょうか?

スポーツ、勉強、きのこ、人と喋ること等々…。

人によって「苦手」は千差万別だと思いますが、

「苦手」の克服方法は、そんなにバリエーションのあるものではありません。

 

ひとつは繰り返すこと、つまり「慣れる」ことですね。

これは、食わず嫌いに代表されるような

「やっていない型苦手」に効果があります。

大抵の苦手はこれで克服することが出来ますが、

単調なうえに、ある程度時間を要するので

強い意志がなければなりません。

 

ふたつ目は「仕組みを理解する」ことです。

これは、やっているけど正しいやり方ではないような

「未熟型苦手」に効果があります。

何度も繰り返しやっているのに、なかなかうまくいかないことありますよね。

例えば野球で「たくさんヒットを打てるようになりたい!」と思って

毎日素振りをしても、間違ったフォームではいくら素振りしても上達しません。

それどころか、変な癖がついて余計下手になるかもしれません。

繰り返しているのに、なかなか上手くいかない人はこちらを疑ってみてください。

 

最後の方法は「逃げる」ことです。

「逃げる」というと、嫌な感じに聞こえると思いますが、

つまり、戦う場所を選ぶということです。

何も負けるとわかっているところで勝負しなくていいのです。

ここなら勝てるという戦場を見極めるのも大事なことです。

会社にはマーケターと呼ばれる職務がありますが、

マーケターがやる仕事の中に、この「逃げる」があります。

どうしても「苦手」が克服できないときはこの決断をした方がいい場合もあります。

 

「苦手」を克服する方法は以上です。

さて、これを受験勉強に置き換えてみてください。

みなさんの苦手教科は何にあたるでしょうか。

最後の「逃げる」というのは受験においては勝負科目にせずに

最低ラインを確保するという意味なので、誤解しないようにしてくださいね。

 


昨日の担任助手からの質問

Q.2017年の自分に点数をつけるなら何点ですか?

A.60点ですかね。色々と学ぶことが多かった年でした。

明日の担任助手への質問

A.来年の抱負を教えてください。