求められる“自分改革” | 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

ブログ

2017年 4月 1日 求められる“自分改革”

   こんにちは!

青山学院大学経営学部2年の桑添です!!

本日は4月1日雨です。

桜も見ごろかな、と思いきや春に似つかわしくない寒さで花見をする気は失せますね。

皆さん日付を見てエイプリルフールに気を取られていませんか??

今日で1年の4分の1を終えてしまったんですよ!!

残りの4分の3、どのように過ごしていくかで将来が大きく変わるんでしょうね。

さて、招待講習期間残り9日間となりました

新しい学年や学校生活をお過ごしになられるであろう皆さん!!

新しい生活には新しい学びがつきものですね!!

自分を取り巻く環境が変化する中、みなさんはどう変化しましたか?

まさか面倒くさいし何も変わらなくても周りが、環境が自分に合わせてくれるから何もしていないとか

言ってない?

そんな傲慢で甘ったれた人たち…

自分改革、してみない?

(ブルゾン◯えみ が言いそう)

 

まず

今までの復習は完璧ですか?

計算を正しく適切な時間内で解けない子が二次関数や三角関数を習い始めたとき

国語の古文の助動詞を覚えていない子が長文読解ではなく簡単だから1文を現代語訳しろと言われたとき

英語の音読をしたことがなくて自分で読めない子がリスニング力を試されたとき

ほとんどの場合、高得点を得ることはできないでしょう。

なぜなら高校で学習する内容は中学で学ぶ基礎の上に積みあがる応用だからです。

つまり

中学の成績が悪かったから高校生では心機一転、

優秀な成績を!!」

と思って

高校の授業内容から急に頑張りだしても限りなく不可能に近いんです。

その子たちは応用の土台の基礎ができていないから。

応用だけ積み上げようとしても辛く、せっかくの努力も効率がいいとは言えません。

つまり、高校の勉強を理解したいならまず必要なことは

中学生の範囲の完全理解への努力が必要です!!

それと等しく今までの中学生活で勉強習慣のなかった子

高校からは部活と両立して勉強も頑張るよ!!」

というのもなかなかの難しさになりますね。

なぜなら今まで勉強してこなかったのに(中3の高校受験が終わり勉強習慣からのブランク発生等)

いきなり

新しい仲間作り・部活への励み+少し今までより難しい勉強(+必要な子は中学の復習)

3つも(4つも)頑張ることのできる高校生は少ないのでは?

じゃあ、高校生活から勉強しだすことは不可能なのか??

可能です!!中学生から一転させて最高の文武両道高校ライフを送れます!!

その際、必ず必要なことがあります

それは

毎日勉強する習慣をつけること!!!

とにかく自分の1日の行動パターンに勉強をむりくりでもねじ込むのです!!!!

もう、1日2時間は勉強をしないと罪悪感で寝れない!!

このレベルに持っていきましょう。

そのためには何が必要か。

簡単!!

毎日学校帰り部活帰りにどんなに眠くたっておなかが空いてたって東進にきて勉強すればいい!

東進にくればみんながご飯を食べているか自習室orホームクラスで勉強しているかのどっちかなので

家でテレビ見つつ学校の宿題や小テストの勉強や授業の復習や先取りとして予習

しているより断然時間が短くかつ集中して頭に入ってくると思います!!

1日24時間の中で

7時間学校・4時間部活で過ごし登下校に1時間使い2時間自習し1時間で夕飯を食べ30分でお風呂に入り

1時間また勉強し7時間寝て30分で朝の支度して…

とします!この3時間で

宿題・復習・予習・小テスト勉強

をするのならダラダラ勉強しては時間が足りないと思います

今一度、自分の生活を見直して

自分改革してみてはいかがですか??

—————————————————————————————————————————————————————————————————————————————–

Q.エイプリルフールでついた面白い嘘を教えて下さい

A.友人に 今日1日私はは嘘しかつかないよ、と言いました

Q. エイプリルフールで起きた面白いハプニングを教えて下さい

—————————————————————————————————————————————————————————————————————————————–