模試の成績表の見方 | 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

ブログ

2017年 9月 24日 模試の成績表の見方

 こんにちは!

明治大学商学部1年 成田圭哉です!

今日は、模試の成績表の見方について話したいと思います!

 

模試の成績は基本的に

絶対的評価相対的評価で見ていきます!

 

絶対的評価は単純に自分が取った得点です。

これは

過去の自分のスコアと比較してどれだけ自分が成長したか

という指標になります。

 

これに対して相対的評価

自分のスコアが全国で見るとどのくらいのレベルなのか

という指標になります。

 

どちらの目線で見るのも大切ですが

僕は相対的評価の方が

より大切だと思ってます!

 

絶対的評価はその時の問題の難易度に依存しがちです。

前回が簡単な問題で160点

今回が難しい問題で167点

7点しか伸びなかったーなんて

ちょっとデータの計り方としては

アンフェアですよね。

 

それよりは、平均点との差を考えた方が現実的です。

前回の差が-72点

今回の差が-26点

こちらのほうがちゃんと自分の成長がわかりますね!!

 

問題の難易度が上がると、自分が解けなくても

他のみんなも解けてない可能性があります。

全体的にみんなの得点が下がるので

絶対的な数値ではなく平均点でくらべるのが一番いいと思われます。

 

なので

成績表を見て、自分の点だけで一喜一憂するのは

まだまだ甘いですよ!

極論、5/100点取ったとしても

全国順位2/218546位だったらスーパー高得点ですよね!

 

データはしっかり見極めていきましょう!

情報力の差は人生の差につながるかも・・・?


☆前回の担任助手からの質問☆

Q.好きな動物はなんですか?

A.断然、猫です!!!!!!!

将来絶対に猫を飼います!!!!!

 

次の担任助手への質問

Q.最近はまってることはなんですか?