明日は模試です! | 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

ブログ

2016年 10月 29日 明日は模試です!

こんにちは!

慶應義塾大学総合政策学部1年の小泉です!

 

みなさん、明日は待ちに待った全国統一高校テストですね!!

 

今日は、明日の模試へのスタンスを高3生と高1,2生に分けて話したいと思います。

 

まずは高3生からです。

高3のみなさん、センター試験本番までで

東進で受けられるセンターレベルの模試は、

あと2回しかない!!

センター本番まで明日を含めて2回しか

センターレベルの模試を受けられないんですよ??

(大事なことだから2回言いました)

これ聞くとめちゃめちゃ焦りません??

まぁでも焦ってもどうにもならないので

残り2回の模試をいかに活用するかについて話していきます!!

私は、残り2回の模試をセンター試験本番の予行練習のつもりで受けてほしいです。

模試を本番と限りなく近い状況で受けることで、

本番に緊張やアクシデントのせいで実力が出せないという

リスクを最小限に抑えることができると思います。

だから、本番と限りなく近い状況を作り出してください!

では具体的に何をしたらいいのか?

例えば、当日の朝食、昼食や起床時間、前日の睡眠時間を

本番考えられるものと同じにする。

これはもちろんやるべきです。

しかし、前日の準備だけでは足りないです!

前日に言うなよって感じですよね….

ごめんなさい、謝ります。

3日~1週間前から、試験当日を意識した勉強に切り替えるべきだと思います。

数学を例に挙げると、

試験本番を目前に控えていて公式や解法があやふやだったら

問題演習よりもそれらの確認を優先して行いますよね??

他の教科でもこのような作業を試験前に行っていくと思いますが、

前日だけで終わりませんよね??

少なくとも3日~1週間かかると思います。

だから、模試でもそのくらい前から準備をして欲しいです。

しかし今回はもう遅いので、優先順位をつけて最低限の復習や、

睡眠時間や朝食昼食の管理等、できることをやっていきましょう。

 

次に高1.2生です。

もちろん、高1.2生にも本番を意識して模試を受けてもらいたいんですが、

高1.2生にとってこの時期の模試は、

自身の学力を測って現状を把握し、

学力を伸ばしていくという意味合いが大きいように思われます。

大体こんなイメージですね。

高3生ももちろんですが高1,2生は特に、

今回の模試を通して学力を伸ばすということを意識してみてください。

 

——————————————-

前回担任助手からの質問

Q.冬にしたいことはありますか?

A.冬というか年明けまでに痩せたいです…..

今年の4月に比べて大分体重が増えたので…..

 

次回担任助手への質問

Q.秋と冬の変わり目はいつだと思いますか?

——————————————————-