学びを実践していく | 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

ブログ

2016年 9月 25日 学びを実践していく

 

こんにちは!慶應義塾大学看護医療学部2年の岩城です!

すっかり寒くなってきましたね…季節の変わり目なので体調には気を付けましょう!

さて、そろそろ9月も終わるということもあり、東進の受験生たちは今日も朝から勉強しています!

9月が過ぎると年末が見えてくるって言いますもんね…頑張りましょう!

私たち大学生もやっと夏休みが終わります!遅いですよね。

大学生の夏休みは約2か月。

とても休めるわけですが、この長い休みをどう過ごすかは個人に委ねられるため、遊んで終わってしまう人も中にはいます…。

私は何をしていたかというと、2週間ほど病院実習をしていました!

最初に自己紹介したように、私は看護医療学部という学部に通っています。

今までは大学で、椅子に座って講義を受けていたわけですが、いよいよ学んだことを実践する日が来たわけです。

朝早く起きたり、いつもとは違う環境に行くということで朝から緊張していました…

実習というと、そういう大変さばかりが想像できてしまい、私はあまりプラスのイメージを持てていませんでした。

しかし、患者さんと2週間関わることにより、患者さんのもつ力を見ることができたり、関係性を築くことができ、

また看護師さんにもとてもお世話になり、充実した実習でした。

その一方、実際に実習をしてみると、大学で習ったはずの看護の技術などが、実際に目の前の患者さんに行うとなると戸惑うことが多かったです。

今まで学んでいたときは、あまり実際に行うことを意識できていなかったなと反省しました。

その反省を生かし、10月からまた実習が始まるため、頑張っていきたいと思います!

高校生の皆さん、模試や過去問演習は受験本番を意識して受験できていますか?

—————————————————————————————

昨日の担任助手からの質問

Q.人の命を一人でも多く救うためにはどんなことをすればいいと思いますか?

これは私の学部を見て聞かれたことなんでしょうかね…。

難しい質問です。自分ひとりが「救いたい」と思っても、他に誰かそう思っている人がいなければ、救うことは難しいと思います。

それでも、その思いを持つことは大切だと思います。

一人の命を大切にする。どういうことかこれだけでは具体的には分かりません。

でも、意識の中に「大切にしたい」という思いがあれば、

例えばニュースで報道される殺人事件やテロなどに自然と目が行くかもしれない。

一人でもその事実を知り、その命に対して思うことができれば、その人は救われたのではないでしょうか。

…というところが今のところの私の意見です。具体的な方法を提示できず申し訳ないです…

 

明日の担任助手へ質問

Q.勉強していて難しい問題に出会ったとき、どうしていましたか?