大学生の留学って?「トビタテ!留学JAPAN」 | 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

ブログ

2016年 12月 27日 大学生の留学って?「トビタテ!留学JAPAN」

 

「留学」ってあなたにとってどんな存在?

「留学」という言葉を耳にする機会は多いですよね。

高校3年生の皆さんは大学受験当日までもう少しで、

高校1,2年生、または中学生の皆さんはまだ時間があります。

「どうしてこの大学を受けるの?」「大学で何をしたいの?」と

聞かれた時に、「留学」が頭にうかぶ人もいると思います。

 

留学にちょっとでも興味のあるそこのあなたに一例をお届けすべく、

本日は、私、法政大学法学部政治学科3年の竹下友梨の例をお伝えします!

 

私は「トビタテ!留学JAPAN」に応募しています!

トビタテ留学JAPANは日本の様々な企業がお金を出し合い、

日本政府がそれを一つの事業として、留学生を支援してくれる

官民協働の海外留学支援プログラムです。

東進ハイスクールもそのうちの一部分を担っています。

 

来年、私はトビタテ留学JAPAN日本代表プログラムの第6期生として、

奨学金をいただいて、1年間ラオスに留学したいと考えています。 

 

トビタテでの留学を考え始めたのは大学に入ってからでした。

国際開発協力を勉強していて、机上の空論ではなく、

もっと現場に近いところでそこにいる人の声を聞いて、

プロジェクトをやってみたいと思ったのがきっかけです。

 

大学の留学プログラムとの併用もできますし、

私のように休学をして大学に行く人もいます。

私は一年間教育関連のプロジェクトに関わります。

そのため、学校での勉強だけではなく、それ以外の実践活動も応援してくれる

トビタテ留学JAPANの事を知ったときは、これしかない!と思いました。

知らなければ、応募もできなかったし、来年留学に踏み出すこともできなかったと思います。

知るところから!始めていきましょう!

 

大学ではすべて自分で決める事ばかり!

私の大学生活は一例でしかありません。

自分は何をしたいのか?ということを考えていないといつの間にか時は過ぎてしまいます。

やりたいことや楽しいことでいっぱいの学生生活にすべく、

是非、行きたい学校に行けるよう、日々頑張っていきましょう!

 

まずは力試しをしてみませんか?

さて、来る1月14、15日はセンター試験です。

3年生が本番を迎えるその日、東進ハイスクールでは

高校1、2年生も同じ問題を同じ日に解くことが出来ます!

ぜひ、挑戦してみてくださいね!

 

——————————————————

 

昨日の担任助手からの質問

Q.大晦日の夜は何の番組を観ますか?

A.ここ二年間は大晦日の夜の番組は録画して後で見るようにしています。

なぜなら論文に追われていたからです。

「師走」の名に恥じない12月を過ごしておりました。

ちなみに今年も論文を執筆することになりそうです!!!

 

次回担任助手への質問

Q.大学生活で起きた一番のハプニングは何ですか?