今年の入試、来年の入試。 | 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

ブログ

2018年 2月 7日 今年の入試、来年の入試。

東進ハイスクール湘南台東口校は

中高一貫に通う中学生と高校生(現役)対象の予備校です。

★予備校を探している生徒・保護者の皆様へ★

≪≪お申込み・お問い合わせ受付中≫≫

 

 

 

こんにちは!

明治大学法学部小峯です。

大学入試が本格化してきました。

校舎の高3生は

毎日

誰かがどこかで

試験に取り組んでいます

今年は、試験が終わったあともそのまま東進に来て

勉強を始める子たちが

とても多いように感じます!!

慣れない場所で全力を出すことは

体にとても負荷がかかるので

無理はしないでほしいですが、

疲れていても落ち込んでいても

校舎に来て今日も一分一秒無駄にせずがんばろう

という姿勢がとても素晴らしいと思います。

 

 

さて、高1・2生の皆さんは、

先輩の姿を見て

大学入試を意識することが多くなったのではないでしょうか。

「自分の受験もこんな感じなのか~」

とイメージしますよね。。

でも

実は

現高1・2生の入試は

今までと異なる点があると

言われています。

 

 

まず、一般入試枠の削減です。

国立大学は年々、推薦・AO入試による枠を拡大しています。

早稲田慶應大学も、AO入試を積極的に実施し、

「早稲田(慶應)第一志望」の学生を

採用したい旨が

発表されていました。

また、文部科学省から私立大学への補助金付与の

ルールが変更されたため

私立大学は、去年から定員を大幅に上回る合格者を

だすことができなくなりました。

去年・今年は合格だった層が不合格になるということです。

これによって年々、上のランクの私立大学から順に

難化してきています。

まとめると、

皆さんの大学入試は今年より

難しくなることが予想されます。

加えて現高1生は、現行入試制度(センター試験)

の最後の代になり、現中3生からは

新しい入試制度になりますから

今までのように浪人という選択肢を簡単には

選べなくなります。

 

このような変化の年で難関大合格を目指すなら

早期の対策が今まで以上に

求められているように感じます。

 

今のうちから

自分が将来やりたいこと・

なりたい姿を考え、

最適な大学に進学できるように

準備を始めることをお勧めします!

 

~昨日の担任助手からの質問~

Q,受験本番の朝ごはんは

何を食べていましたか?

A.うわあ覚えてないです(笑)

パンよりごはんがよい。バナナ食べるとよい。

ときいたので

おそらく白米とバナナは食べていました。

~明日の担任助手への質問~

 

Q.試験本番に全力を出すための

ルーティンはありましたか??