一回の模試の大切さ | 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

ブログ

2018年 5月 11日 一回の模試の大切さ

こんにちは!

明治学院大学2年の松井です

前回も模試のことについて

書きましたが、

今回も

『模試』について

書きたいと思います。

模試をうまく活用するには

まず模試を

2ヶ月に一回の実力を試すチャンスだと

考える必要があります。

遠く先の目標である本番を見据えると

途方もなく遠くに見えると思います。

なので、とりあえず

目先の目標である模試

に焦点を当てて

勉強することが大事だと思います。

しっかり目標点数を決めて

そこに向かって努力しましょう。

次に受験生である3年生にとって

東進のセンター模試は

残り4回しかありません。

残りの4回の模試は本当に

重要な模試となってきます。

8月の模試だったら、

来月から第一志望の

過去問に入れる点数であるのか?

という基準がありますし、

12月の模試だったら、

第一志望に

どれだけの可能性があるのか?

という目安になります。

なので

これからの模試を

集中して受けて

確実に点数を上げていきましょう!!

最後に

模試を受けることで

模試の会場の雰囲気に慣れ

本番で致命的なミスを

する可能性を減らすことが出来ます!

なので

出来る限り当日に模試を受けましょう!!!

 

前回の担任助手からの質問

Q.最近見ているドラマは?

A.見てないですね(笑)

最後に見たのは、恋仲ですね

 

次回の担任助手への質問

Q.好きなバンドは何ですか??