【受験生】僕の受験日程。(緊張編) | 東進ハイスクール湘南台東口校|神奈川県

ブログ

2017年 10月 26日 【受験生】僕の受験日程。(緊張編)

≪≪お申込み・お問い合わせ受付中≫≫

早稲田大学商学部

1年生の片山颯斗です!

 

今回は前回の担当者に引き続き

僕の受験生時代の

受験日程について、

「緊張」ということをテーマに

お話したいと思います!

 

まず僕が一般受験した

大学は7校です。

そのうちの一校は

他の6校と比べて

受験日が極端に早かったので

練習の意味も込めて受けました。

受験を経験した今になって

思うことは

「早めに一校受けていてよかった」

ということです。

皆さんもきっと

「入試本番は普段の何倍も

緊張するんだろうな」

とある程度想像は

していると思いますが

僕の場合試験当日のその緊張は

想像のはるか上をいっていました。

特に問題冊子や解答用紙が

すべて配られ、

試験開始の合図をただ

じーっと待っている時間は

何十人も受験者がいる教室が

しーんと静まり返り、

誇張ではなく

本当に心臓が飛び出るかと思うほど

緊張しました。

また家を出た瞬間も

とても緊張していて、

試験会場に向かう道中

なんとか自分を

落ち着かせようとしていたのを

覚えています。笑

 

もちろん人によって

緊張の度合いは大きく

異なると思います。

(ちなみに僕はかなりの

小心者です^_^;笑)

ただ、9割以上の人は

その程度の代償はあろうとも

緊張はすると思います。

自分が今まで

必死に頑張ってきたことが

試されるのですから

緊張することは

決して恥ずかしいことではなく

むしろ当たり前だと思います。

第一志望校を受験する前に

その本番の緊張に少しでも

慣れておくために

比較的早い受験日を

設けている大学を

練習校とすることは

その意味でも

本当におすすめなので

ぜひ参考にしてください^^


Q.クリスマスの予定を教えてください

 

A.プライベートです^^

すみません笑

 

次回の担任助手への質問

 

Q.生まれ変われるとしたらなにに

なりたいですか?(人間以外)